温室効果ガス排出

気候変動と多元化する二酸化炭素排出削減への取り組み

2023年02月11日 | 発行元 Statista Japan
地球温暖化のメタファーとして溶けて水になっていく地球。
bestdesigns via Getty Images
  • エジプトで開かれた第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)では、洪水や海面上昇、干ばつのような気候変動による災害の「損失と被害」に対する支援方法が正式な議題となり、最終的に途上国向けの新たな基金の設立が先進国間で合意されました。
  • 削減した分の温暖化ガスの排出量を取引する「炭素クレジット」を活用し、途上国の脱炭素化を促す動きが活発になっており、COP27を訪れたケリー米大統領特使は「エネルギー移行アクセラレーター(ETA)」と題した自主的な炭素認証制度の創設を発表しました。
  • 日本では国内初の二酸化炭素(CO2)排出量取引市場「GXリーグ」を経済産業省が2023年度に始動させる方向で、既に東京証券取引所ではCO2排出を取引するカーボン・クレジット市場の実証実験を行っています。一方、透明性や価格設定の課題などもあり、単なるグリーンウォッシュ(見せかけの環境対策)とならないような対策が必要とされています。

地球の地表平均気温は年々上昇しており、2020年の平均気温は20世紀と比べて約0.98℃高くなりました。地球規模での気温上昇は、海水面の上昇、北極の海氷の減少、嵐、洪水、干魃など様々な異常気象の増加に繋がります。米国において最も経済損失が大きかった自然災害のトップ5が過去10年間で起きており、特に2005年に米本土を襲ったハリケーン・カトリーナは1,636億米ドルもの損害をもたらしました。

Statistaによるこのインフォグラフィックは、世界の陸上と海面の気温偏差(20世紀の平均比)を摂氏で表したものです。
Source: statista.com

気候変動への国際的な取り組み

国連気候変動枠組条約締約国会議(UNFCC)は、気候変動に対処し、大気中の温室効果ガス濃度を安定させ、1997年に締結された京都議定書を実際に履行することを目的として、毎年締結国会議(COP)を開催しています。京都議定書は当初、気候変動に関する気候変動枠組条約(UNFCCC)を延長するために採択されました。

2022年にエジプトで開かれた第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)では、気候変動による「損失と被害」に対する支援方法が争点となり、資金調達を支援する途上国向けの基金の創設で先進国が合意しました。また、削減した分の温暖化ガスの排出量を取引する「炭素クレジット」を利用して途上国の脱炭素化を促す動きも活発となっており、ケリー米大統領特使はCOP27で「エネルギー移行アクセラレーター(ETA)」と題した自主的な炭素認証制度の創設を発表しました。

気候変動に対する具体的な取り組み

世界のエネルギー関連のCO2排出量は2020年に約348.1億トンとなり、コロナウイルスの感染拡大の影響で5%低下したものの、排出量は上昇傾向にあります。2021年に最もCO2排出量が多かった地域はアジア太平洋地域でした。特に中国は排出量の増加が大きく、2010年に86億1,700万立方トンであった排出量は2021年には114億7,200万立方トンとなりました。

Statistaによるこのインフォグラフィックは、1970年から2021年までの二酸化炭素の累積排出量を示しています。
Source: statista.com

CO2の排出量を減らすため、一部の国は取引可能なグリーン証書の発行を開始しました。また、企業の間で人気となっているのがカーボンプライシングで、これには排出量取引などが含まれます。日本では経済産業省が2023年に「GXリーグ」と呼ばれるCO2排出量取引市場を始動させる予定で、現在東京証券取引所ではカーボン・クレジット市場の実証実験を行っています。また、風力や太陽光などを利用した再生可能エネルギーを活用することも、CO2排出量を削減する効果的な方法の一つです。


Statistaは、記載された情報の完全性および正確性に関して一切の責任を負いません。このページに掲載されているのは一般的な情報であり、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
経済・政治 気候変動 社会 社会・経済
シェア

統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

社会に関するその他の統計
世界で最も収益を上げている企業
世界で最も話されている言語ランキング
世界で最も幸せな国ランキング
世界一お金持ちの女性ランキング
アフリカの富豪「ビリオネア」番付
世界で最も面積が大きい国ランキング
世界で最も危険な動物ランキング
世界で最もセックスの頻度が多い国
世界で最も米を消費量している国ランキング
世界で最も危険な都市 殺人発生率ランキング
世界最長ジェットコースターランキング
世界の出生率ランキングベスト20か国
世界の出生率ランキングワースト20か国
人口密度が最も高い世界の都市ランキング
世界で最も古い老舗企業
米国で最も権威あるコンサルティング企業
世界で最も価値のあるブランド
欧州で最も離婚率が高い国
ミシュラン星付きレストランが世界で最も多い都市
世界のファストフードレストランのブランド価値ランキングトップ10
アカデミー賞受賞回数が最も多い映画
映画「スター・ウォーズ」の制作費と世界興行収入の比較
世界で最も売れたアーティスト
世界のテーマパーク入場者数ランキング
米国の平均映画料金
世界のホテル・リゾート業界の市場規模
世界の国際観光客到着数
イタリア・ローマの人口
米国の世代別人口構成
ゼネラル・エレクトリックの従業員数
実行犯の人種・民族別にみる米国で発生した銃乱射事件
米国の銃乱射事件の発生件数 州別
妊産婦死亡率が高い国ランキング
新型コロナウイルス感染症の国・地域別累計感染者数
新型コロナウイルス感染症の国・地域別累計死亡者数
就職や結婚のために整形することに関する韓国での意識調査
トランスジェンダー、ジェンダーフルイド、ノンバイナリー、その他の性自認をもつ人の割合
日本で最も検索されたネットショッピング関連キーワード

社会・経済

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 礼菜

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)