B2C Eコマース

2021年~2027年 世界の小売総売上高に占めるEコマースの割合

出典

eMarketer

公開日

February 2024

調査期間

2021年から2027年

補注

* Data from this year onwards is forecast. Includes products or services ordered using the internet via any device, regardless of the method of payment or fulfillment; excludes travel and event tickets. 2015 to 2020 data are from earlier reporting.

2027年 世界の小売売上高に占めるEコマースの割合

2024-03-21 | 発行元 Statista Japan

インターネット上での販売は、小売業においてますます重要な役割を果たすようになっています。2023年には、電子商取引(Eコマース)が世界の小売売上高全体の19パーセント超えを占めました。2027年には、世界の小売市場全体の4分の1近くをEコマースが占めると予測されています。 

小売業のEコマース 

2021年の世界のEコマース売上高はほぼ5兆米ドルに達し、2025年には7兆米ドルを超えると見込まれています。ラテンアメリカではコロナウイルスの流行に伴いデジタル開発が活発になり、地域内の様々な経済圏でEコマースが躍進しました。特にブラジルとアルゼンチンは、既に世界で急成長しているEコマース市場をさらにリードする市場だと見られています。Eコマースの成長はインターネットの接続環境と直結しており、これまでブロードバンドインターネットの整備が遅れていた地域では、安価なモバイルインターネット環境が導入されるにつれてEコマース市場も成長しています。 

Mコマースの台頭 

スマートフォンやタブレット端末を使ったモバイルEコマース(Mコマース)の平均注文額は、パソコンを使った従来のEコマースに比べまだ劣っています。しかしMコマースの売り上げは伸びてきており、特にアジアでの成長は顕著です。2021年末の調査で、スマートフォン上で商品を購入した人の割合を調べたところ、マレーシアでは約45パーセントの人が毎週スマートフォン上で商品を購入していることがわかり、韓国、台湾、フィリピンなども上位にランクインしました。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)