温室効果ガス排出

2022年 運輸部門における世界の二酸化炭素(CO₂)排出量の内訳

出典

International Energy Agency; Statista

資料名

Transport

公開日

July 2023

調査期間

2022

補注

*Figures may not total 100% due to rounding.Figures have been calculated by Statista using data provided by the source. Figures have been compiled from multiple reports. Pipeline transport is excluded

2022年 運輸部門における世界のCO₂排出量の内訳

2024-03-28 | 発行元 Statista Japan

運輸部門における二酸化炭素(CO₂)排出量は、世界全体で年間約80億トン(GtCO₂)にのぼり、排出量が最も多い部門のひとつに数えられます。なかでも同年は、乗用車・小型商用車(バン)の排出量が最も多く、運輸部門のCO₂排出量の約48パーセントを占めました。 

自動車部門のCO₂排出 

2019年の乗用車・小型商用車(バン)のCO₂排出量は、世界全体で過去最高となる36億トン(GtCO₂)に達しました。しかし、翌年の2020年には、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う外出制限などの対策により、同型車のCO₂排出量が11パーセントも激減しています。以来、排出量は増加し続けていますが、依然としてパンデミック前の水準にとどまっています。一方で、中型・大型トラックは、自動車全体に占める割合が小さいにもかかわらず、2022年の運輸部門におけるCO₂排出量の4分の1を占めています。 

運輸部門の排出量が最も多い国 

運輸部門におけるCO₂排出量が最も多い国は、紛れもなく米国です。米国の運輸部門におけるCO₂排出量は、1975年から2007年までに56パーセント増え、20億トン(GtCO₂)以上に達しています。以来、排出量は減少したものの、2023年時点でも18億トン(GtCO₂)以上と高い水準にとどまっています。 

 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)