投資

グリーンボンドとは?サステナブルな投資の新潮流

2024年4月5日 | 発行元 Statista Japan
テーブルの上に積まれた硬貨から芽を出す緑色の若葉
Khongtham via Getty Images
  • 世界のグリーンボンド発行額は、過去十年で飛躍的に増加しており、2022年には約4千9百億米ドルに達しています。
  • 2024年2月、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)は、気候変動問題に関する取り組みを強化するために、同年3月に東京メトロ初のグリーンボンドを発行すると発表しました。

近年、気候変動がもたらすリスクや課題に対する意識の高まりとともに、投資への考え方が変化しています。ESG投資などの新しい投資基準が生まれたことで、持続可能なグリーンプロジェクト(環境改善事業)関連の金融商品が増え、金融の透明性を確保するためのメカニズムが進展しています。こうした取り組みは、グリーンファイナンスと呼ばれ、より環境面に配慮したポートフォリオの実現を目指す投資家の注目を集めています。

グリーンファイナンスの一種であるグリーンボンドは、再生可能エネルギー、クリーン輸送、廃棄物・水マネジメントなど、グリーンプロジェクトに必要とされる資金を調達するために発行される固定利付け債です。世界のグリーンボンド発行額は、過去十年で飛躍的に増加しており、2022年には約4,900億米ドルに達しています。グリーンボンドは、気候変動のリスクを回避したい投資家にとって、有効な選択肢です。

グリーンボンドで世界の先行くEU

グリーンボンドは、2007年に欧州投資銀行が「Climate Awareness Bond」の名称で初めて発行して以来、世界中の金融市場で需要が急拡大しました。グリーンボンドの世界市場は先進国が大半を占めており、主要な発行主体は欧州諸国で、累計発行額は1兆米ドルに達します。経済の仕組みを変え、エネルギー効率を改善し、温室効果ガス排出を削減することを定めた持続可能な環境改善計画が世界規模で進んだことにより、グリーンボンドの普及は加速しました。欧州諸国、とりわけ「次世代のEU」基金計画を打ち出したEU(欧州連合)では、グリーン化政策が他国より急ピッチで進められています。とはいえ、国単位でみると、2022年時点では中国と米国のグリーンボンド発行数が世界最多となっています。

グリーンボンドの発行主体

グリーンボンドは、通常の債券と同様に、さまざまな主体により発行されます。通常の債券と比較したメリットとしては、ESG投資のための資金を低コストで調達できることや、税制上の優遇措置を受けられることが挙げられます。また、発行体の社会的評価が向上し、投資家の間で認知度が高まるのも大きな利点です。各国の政府自治体は、野心的な脱炭素目標の達成に要する資金の調達に、グリーンボンドを活用しています。2021年時点では、英国のソブリン・グリーンボンドの発行額が世界最多となっており、その額は130億米ドル以上にのぼります。

グリーンボンドを発行できるのは、もちろん国や自治体だけではありません。2024年2月、東京地下鉄株式会社(東京メトロ)は、気候変動問題に関する取り組みを強化する目的で、同年3月に東京メトロ初のグリーンボンドを発行すると発表しました。調達資金は、鉄道事業で消費される電力の発電時に発生するCO2排出量の削減などの対策に充てられるとのことです。


Statistaは、記載された情報の完全性および正確性に関して一切の責任を負いません。このページに掲載されているのは一般的な情報であり、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
金融・保険 投資 金融サービス
シェア

統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


金融サービス

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)