廃棄物管理

2020年時点 世界各国の国民1人当たりの年間家庭系食品廃棄物量(単位:キログラム/年)

出典

United Nations Environment Programme

公開日

March 2021

調査期間

2020年

2020年 世界各国の国民1人当たりの家庭系食品廃棄物量

2023-04-21 | 発行元 Statista Japan

毎年、世界中で何十億トンもの食料が廃棄されています。食品廃棄問題は、一見先進国の問題と思われがちですが、推定によると、発展途上国でも発生していることが分かっています。年間家庭系食品廃棄物量が世界で最も多いのは中国とインドですが、国民1人当たりの平均食品廃棄量は70キログラム未満です。一方、オーストラリアでは、1人当たり年間102キログラムの食品ゴミが発生しています。 

食品廃棄問題の解決方法 

新鮮な果物や野菜は、食品廃棄物の中でも最も多い食材です。世界中で廃棄される食品の大半は、家庭から排出されていますが、食品廃棄問題の原因となっているのは、家庭だけではありません。この問題を解決するには、農場やスーパーマーケット、レストランなど、サプライチェーンに含まれるすべての分野に目を向ける必要があります。サプライチェーンにおける食品ロスの原因には、過剰生産、食材の腐敗・劣化、冷蔵保存施設の欠如(コールドチェーンインフラの整備不足)、市場の変動などが挙げられます。食品ロスを減らすためには、広報活動や教育プログラム、状況を改善するための法的規制の整備など、サプライチェーンの特定の分野に焦点を当てたさまざまなアプローチが必要です。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。Statistaでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供しているほか、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
アパレル・シューズ 食習慣 ファッション・アクセサリー 食品・飲料品店 消費財・消費動向
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

消費財・消費動向に関するその他の統計

消費財・消費動向

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)