医薬品・医薬品市場

2022年時点 世界各国の国民1人当たり医薬品費支出額(単位:米ドル)

出典

Organisation for Economic Co-operation and Development

公開日

August 2023

調査期間

2022

補注

Values are based on 2022 data or latest available (2021). Release date represents the date the figures were accessed.

2022年 世界各国の国民1人当たり医薬品費支出

2024-03-21 | 発行元 Statista Japan

カナダの国民1人当たりの医薬品費支出額は、2022年時点でおよそ914米ドルとなっています。これに対し、米国の国民1人当たりの支出額は1,432米ドルであったと報告されています。医療品や医療サービス全般において、米国は世界で最も医療コストが高い国の一つです。特にほかの高所得国と比較した場合、米国の医療費の高さは歴然としています。 

高額な米国の薬剤価格 

一方医薬品費への支出増加は、米国人の医薬品使用量が増えたことが原因ではなく、米国における薬剤価格の大幅な上昇による影響が大きいとみられています。他国では、薬価は政府によってある程度規制されていますが、米国ではあくまでも市場競争に委ねられています。結果として、米国市場は医薬品企業にとって最も収益性の高い市場となっています。例えば、関節リウマチ治療薬ヒュミラ(一般名:アダリムマブ)の薬価は、米国では英国の2倍でした。 

米国における医療用医薬品の使用状況 

ある調査では、「前月に少なくとも1つの処方薬を服用したことがある」と答えた人は、米国人のほぼ半数という結果となっています。一般的に、女性の方が男性よりも処方薬を多く服用していますが、その差は過去20年間で大きく縮まっています。米国では、最も医薬品費の支出が多い薬効分類としては、抗糖尿病剤、抗腫瘍剤(抗ガン剤)、免疫抑制剤、呼吸器疾患用医薬品などが挙げられます。一方で、処方箋数でみると、血圧降下剤と精神神経用剤が上位を占めています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
アパレル・シューズ 食習慣 ファッション・アクセサリー 食品・飲料品店 消費財・消費動向
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

消費財・消費動向に関するその他の統計

消費財・消費動向

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)