ファッション・アクセサリー

2009年~2023年 ナイキ(Nike)の世界総店舗数

出典

Nike Inc.

資料名

Nike - 10-K Report 2023

公開日

July 2023

調査期間

2009 to 2023

補注

Fiscal years end on May 31 of the respective year.Figures have been derived by adding the total number of U.S. retail stores with the total number of non-U.S. retail stores.

2009年~2023年 ナイキの総店舗数

2024-03-06 | 発行元 Statista Japan

ナイキ(Nike)は、2023年5月31日時点で全世界に1,032店舗を展開していました。前年度と比べると、14店減となります。同年、米国におけるナイキの店舗数は約370店でした。 

ナイキの歴史 

米国に本社を置くナイキは、世界的に有名なアスリート向けフットウェア・アパレルブランドです。ニューヨーク証券取引所では「NKE」のティッカーで取引されるナイキは、過去にフットウェア・アパレル企業を複数買収しており、コンバース(Converse)、コール・ハーン(Cole Haan)、バウアー・ホッケー(Bauer Hockey)、ハーレー・インターナショナル(Hurley International)、スターター(Starter)、アンブロ(Umbro)などがこれに含まれます。また、ナイキの「スウォッシュ(Swoosh)」は世界的に知名度の高いロゴマークであり、同社は、世界的に有名なスポーツ競技のスポンサー企業でもあります。新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、2020年以降店舗数は減少傾向にありますが、ナイキの売上高は年々増加し続けています。 

ナイキ vs アディダス(adidas) 

ナイキとアディダスのロゴは、双方ともに世界的な知名度が高く、世界のスポーツウェア・スポーツアパレル市場の原動力となっています。リテール(小売)業界の巨人ともいえる2社はライバル関係にありますが、複数の指標に目を向けることで勝者が見えてきます。ナイキとアディダスのブランド比較では、ブランド価値が約500億米ドルにおよぶナイキが明らかに優勢です。なお、アディダスのブランド価値は約160億米ドルとみられています。ナイキが世界のスポーツウェア・スポーツ製品市場に占める割合は、アディダスの市場シェアと比較して遥かに大きいものの、ナイキならびにアディダスともにすべての競合他社を大きく引き離しているのが印象的です。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
アパレル・シューズ 食習慣 ファッション・アクセサリー 食品・飲料品店 消費財・消費動向
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

消費財・消費動向に関するその他の統計

消費財・消費動向

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)