アパレル・シューズ

2022年~2027年 世界のエシカルファッション市場の推定価値(単位:100万米ドル)

出典

The Business Research Company; Statista

公開日

February 2023

調査期間

2022

補注

For the Statista estimate an exponential development of the values between 2022 and 2027 was assumed to estimate the annual values. The values for 2022 and 2027 were provided by the source. The source defines ethical fashion as, "companies and organizations involved in manufacturing apparel with ethical and sustainable processes. For a company to be classified as being involved in ethical fashion, the company is expected to engage in fair trade and sustainable manufacturing, and no part of the supply chain of the company includes abuse or exploitation of any kind."

2022年~2027年 エシカルファッションの世界市場価値

2023-12-14 | 発行元 Statista Japan

エシカルファッションは、定義するのが難しい概念です。なにをもって企業がエシカル(倫理的・道徳的)であると評価するかについては、さまざまな基準や解釈が存在するからです。この統計におけるエシカルファッションの定義は、サプライチェーンのいかなる段階においても立場の弱い生産者や労働者を搾取・酷使しない「フェアトレードの精神に基づいたサステナブル(持続可能)なファッション」とします。エシカルファッションの市場価値は、2026年には約100億米ドルに達するとみられ、2022年からの5年間で価値が27億米ドル以上上昇すると推定されています。 

サステナブルファッション 

サステナブルファッションは、エシカルファッションの重要な要素です。ファッション産業が環境にもたらす影響は甚大で、年間1ギガトンほどに相当する二酸化炭素(CO2)が排出されていると考えられています。この数値は、今後増加の一途をたどり、2029年には年間1.5ギガトンを超える見通しです。市民は、この問題をしっかりと認識しています。2021年に行われた調査では、全世界の消費者のおよそ60パーセントが衣類を購入する際にサステナビリティは「多少は重要である」あるいは「非常に重要である」と回答しています。 

ヴィーガンファッション 

ヴィーガンファッションが環境にやさしいかどうかについては、議論の余地があります。動物由来の素材の代替となる素材には、環境負荷が極めて高い化学物質や化学繊維が使用されていることが多いからです。しかし、家畜や動物の搾取・虐待を防ぐことを目的とするヴィーガンファッションは、エシカルファッションに欠かせない要素であると考える人が少なくありません。こうした背景から、多くの企業は、植物由来の素材などの環境と動物にやさしい“次世代素材”の開発に乗り出しています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。

statista.comでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供している他、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
アパレル・シューズ 食習慣 ファッション・アクセサリー 食品・飲料品店 消費財・消費動向
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

消費財・消費動向に関するその他の統計

消費財・消費動向

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)