購買行動

2022年時点 ベトナムの都市部で暮らす消費者に最も購入されている日用消費財(FMCG)ブランド

出典

Kantar Worldpanel

公開日

June 2023

調査期間

2022

補注

Penetration rate refers to the percentage of households that have bought a product from a certain brand at least once.

2022年 ベトナム都市部の消費者におけるFMCGブランド市場浸透率

2024-01-19 | 発行元 Statista Japan

2022年時点では、都市部で暮らすベトナムの消費者に最も選ばれている日用消費財(FMCG)ブランドは、同国を代表する牛乳・乳製品企業のビナミルク(Vinamilk)で、浸透率は89.8パーセントにのぼりました。2位は味の素(74.3パーセント)、3位はエースコックの現地法人が展開する即席麺ブランドのハオハオ(Hao Hao)でした(73.6パーセント)。 

ベトナムの乳製品業界を独占するビナミルク 

ホーチミン市に本社を置くビナミルクは、ベトナム最大の乳製品企業です。かつて国有企業だった同社は、現在ベトナムの乳製品市場で50パーセント近いシェアを占めています。同国の乳製品市場は急激に成長しており、小売売上高が増加しています。そのため、マーケットリーダーであるビナミルクの収益も上昇傾向にあります。ビナミルクは、主力製品である牛乳やヨーグルトのほかにも、直近ではチーズやクリーム、アイスクリームの販売を開始しています。 

ベトナムのFMCG市場と新型コロナの影響 

ベトナム経済の急速な発展とともに、FMCG市場は近年飛躍的な成長を遂げています。ベトナムにおける消費財の小売売上高は、以前は2桁の増加率で成長を続けていましたが、2020年に新型コロナウイルスの感染拡大が始まると6.8パーセントに下落しました。コロナ禍のベトナムでは、主に乾物やパーソナルケア製品といったFMCG製品が買いだめの対象となったことから、パーソナルケア製品と包装食品は、2020年に最大の売上成長率を記録したFMCGカテゴリーとなっています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。

statista.comでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供している他、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
消費財・消費動向 アパレル・シューズ 食習慣 ファッション・アクセサリー 食品・飲料品店
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

消費財・消費動向に関するその他の統計

消費財・消費動向

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)