車両・道路交通

成長を続ける自動運転車の市場とその技術

2023年04月13日 | 発行元 Statista Japan
完全自動運転車の運転席に乗ってくつろぐ日本人の女性。
metamorworks via Getty Images
  • メルセデス・ベンツは2021年末に緊急時以外の運転を車両が自動で行う「レベル3」の国際認証を取得し、2022年5月からドイツ国内で同技術を搭載した新型車の販売を始めています。またこの技術は、2023年1月に米国初となる承認を受けました。
  • 日本では2023年4月に改正道路交通法が施行されることになり、従来の制度では認められていなかった、運転を自動車に完全に任せる「レベル4」の一定条件下での公道走行を認める制度を導入する予定です。
  • 東京都と群馬県前橋市では、大学や民間企業と協力して巡回バスの自動運転実証実験を行うなど、日本では官民が連携した公共交通機関の自動運転化への取り組みが盛んに行われています。

 

将来の個人および公共の移動手段として期待されている自動運転車は、徐々に市場シェアを拡大しつつあります。2019年には、一定レベルの自動運転が可能な自動車が世界で約3,100万台走行していました。2024年には、その数は5,400万台を超えると予想され、それに伴い世界の自動運転車市場も成長すると見込まれています。2021年の同市場規模は241億米ドルでしたが、2026年には約620億米ドル規模に達すると予測されています。

進化する自動運転のレベル

自動運転車に関する用語は多種多様であり、統一されていません。「Autonomous(自律走行)」、「Automated(自動化運転)」、「Self-driving(自動運転)」という用語は、同じ意味で使われる場合や、車両の自動化の程度を表すのに使用される場合もあります。このような用語を標準化するために、SAEインターナショナルは2014年、ドライバーによる運転の介入度合いに基づく6段階の分類システムを発表しました。

「レベル0」は、自動ブレーキやレーン追従システムなど、特定の状況でドライバーの注意を促したり、アシストしたりする最小限の自動化を装備した車両に使用されます。

「レベル1」はハンドル操作か加減速をサポートするもの、「レベル2」はハンドル操作と加減速をサポートするシステムを指します。また、「レベル3」は緊急時以外の運転を車両が自動で行い、「レベル4」は運転操作を自動車に完全に任せるものになります。「レベル5」は人間のドライバーがいなくても動作する完全自律型車両を意味します。

Statistaによるこのインフォグラフィックスは、新たに登録された自動車の割合を自律走行レベル別に示しています。
Source: statista.com

自動運転車の導入と規制

メーカーは自動運転車の導入について強気ですが、完全自動運転車の実現にはまだ時間がかかると考えられています。その主な理由として、完全自動運転車を日常生活に取り入れるために必要となる技術が、まだ十分ではないということが挙げられます。一方で、自動車メーカーは新型車に一部の技術を搭載し、一定の自動運転を可能にしています。メルセデス・ベンツは2021年末に「レベル3」の国際認証を取得し、2022年5月からドイツ国内でこの技術を搭載した新型車の販売を開始している他、2023年1月には米国で初となる承認を受けています。

日本においては、2023年4月に施行される改正道路交通法により、従来の制度では認められていなかった、「レベル4」の一定条件下での行動走行を認める予定です。また東京都と群馬県前橋市では、大学や民間企業と協力して巡回バスの自動運転実証実験を行うなど、官民が公共交通機関の自動運転化に向けて協働しています。

2025年には、世界で販売される新車の約60%が「レベル2」の自動運転機能を搭載する見込みです。2030年では「レベル2」の自動運転車が市場の大部分を占める見通しですが、「レベル3」および「レベル4」の自動運転車も、新車販売台数の8%程度を占めると予想されます。

このインフォグラフィックは、中国の一級都市における共有モビリティサービスの総走行距離数の推移を示したものです。
Source: statista.com

主要企業

自動運転車市場は、既存の自動車メーカー、技術系企業、専門性の高い新興企業にとって魅力あるもので、General Motors(ゼネラル・モーターズ)トヨタ、日産、Volkswagen(フォルクスワーゲン)Ford(フォード)Tesla(テスラ)といった企業がすでに参入しています。しかし自動運転車の開発は複雑なため、企業は技術的なノウハウや人材の獲得を目的として合弁会社の設立、あるいは中小企業の買収を行うなどの傾向があり、これによって自動運転車業界は次第に狭い業界へとなりつつあります。2016年にはゼネラルモーターズが新興企業Cruise(クルーズ)を買収し、2021年にはトヨタがLyft(リフト)の自動運転車部門の買収を発表しています。また、自動運転を手掛ける新興企業のArgo AI(アルゴ・エーアイ)は、フォードとフォルクスワーゲンから多額の資金援助を受けています。


Statistaは、記載された情報の完全性および正確性に関して一切の責任を負いません。このページに掲載されているのは一般的な情報であり、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。statista.comでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供している他、インテリジェントな検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア

統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

製造・輸送に関するその他の統計

製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のグローバルデータプラットフォームを 今すぐ無料でお試しください

今すぐ登録する
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

support.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)