航空

2022年4月30日時点 軌道上にある主要各国の衛星の数

出典

Union of Concerned Scientists

資料名

UCS Satellite Database

公開日

May 2022

調査期間

as of April 30, 2022

2022年 国別にみた軌道上の衛星の数

2023-10-05 | 発行元 Statista Japan

2022年4月30日時点では、地球の軌道上を公転する5,465基のうち、3,433基が米国の人口衛星でした。米国の所有する衛星の数は他国を遥かに上回っており、衛星の数が2番目に多い中国でわずか541基でした。 

衛星の種類 

人工衛星とは、軌道上に打ち上げるための人工の天体です。旧ソビエト連邦が1957年に人類初となる衛星を打ち上げてからというもの、5千を超える人工衛星の打ち上げが行われてきました。用途はさまざまですが、地球観測衛星は民間および軍事目的で使用され、地球の天候を観測する活動などに用いられます。また、衛星は世界の航行・通信インフラにとって不可欠な存在です。ほかにも、宇宙望遠鏡や宇宙ステーション、宇宙船などの「人工衛星」も宇宙開発には欠かせません。 

宇宙産業 

2009年から2021年の間に、世界の衛星産業は倍近くに成長し、2,790億米ドルに達しました。衛星産業の売上は、衛星の建造や打ち上げ、運営管理によって生み出されます。民間企業には、1960年代から衛星を製造して運営する能力がありましたが、実際に衛星を打ち上げることができたのは、1980年代に入ってからです。この先数十年間で、衛星産業における民間企業の数は増えるであろうと予測されています。イーロン・マスク(Elon Musk)氏が経営するスペースエックス(SpaceX)は、衛星の打ち上げ回数を2020年から2040年の間に、4倍に増やすとみられています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。statista.comでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供している他、インテリジェントな検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

製造・輸送に関するその他の統計

製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のグローバルデータプラットフォームを 今すぐ無料でお試しください

今すぐ登録する
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

support.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)