車両・道路交通

2015年~2022年 世界におけるPEV(プラグイン電気自動車)の推定販売台数(単位:100万台)

出典

International Energy Agency

資料名

Global sales and sales market share of electric cars, 2010-2021

公開日

April 2023

調査期間

2015 to 2022

補注

The figures are Statista's calculations based on estimates for battery-electric and plug-in hybrid electric vehicle sales provided by the source.

2015年~2022年 PEVの世界販売台数

2023-12-18 | 発行元 Statista Japan

2022年のPEV(プラグイン電気自動車)の世界販売台数は、約1,020万台であったと推定されています。中国市場は、新型コロナウイルスの蔓延によって自動車の生産が停止し、需要が停滞した2020年の低迷期を乗り越え、活気を取り戻しました。また、欧州の5大市場でも、2022年にEV(電気自動車)の販売台数が急増しています。 

EV販売台数の伸び 

世界の自動車生産台数は、新型コロナの影響によって大幅に減少し、世界全体で数百万人の雇用が危機に瀕しました。その後、各国で操業停止措置が解除され、新車需要は回復したものの、車載半導体不足が供給に影響を及ぼしました。しかし、2022年はEV市場にとって記録的な年となり、世界のEV販売台数は300万台以上増え、市場シェアも顕著な伸びを示しました。 

将来への課題 

パンデミック期間中、多くの政府は”グリーンな”経済刺激策を打ち出しましたが、その多くが自動車産業を促進して雇用を保護するための施策で、クリーンエネルギーへの移行に重点が置かれました。中国では、2020年で終了予定だったNEV(新エネルギー自動車)補助金政策が2022年末までに延長されました。ドイツでは、2021年12月末までの期間限定でEVとPHEV(プラグインハイブリッド車)の新車購入時の補助金が増額されました。この先、こうした補助金制度を拡大し、充電スタンドや最新型電池の研究開発への投資といった長期目標につなげることによって、EVの普及率がさらに促進されるとみられています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 礼菜

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)