航空

2004年~2022年 世界の定期航空便の旅客数(単位:100万人)

出典

International Air Transport Association; International Civil Aviation Organization; Airfinance Journal (Airline Analyst); Refinitiv; S&P Global Platts

公開日

June 2022

調査期間

2004 to 2022

補注

* This figure was taken from a previous edition which was released prior to the coronavirus outbreak and can be accessed here. ** Forecast Figures prior to 2019 were taken from previous reports. 2021 figure is estimated.

2004年~2022年 世界の航空旅客数

2023-12-07 | 発行元 Statista Japan

2021年の世界の航空旅客数は、新型コロナウイルス感染症の影響によって約22億人に留まり、2019年から50パーセント減少しました。 

航空旅客数 

世界の航空会社が運行する定期航空便の旅客数は、過去10年間のうち1年を除いて毎年増加しています。定期航空便の旅客数とは、民間航空会社のフライトを予約した旅客の数を指します。1機丸ごと貸切りで運行されるチャーター便の旅客は除外されます。2019年、アジア太平洋地域(APAC)の航空旅客数は世界全体の3分の1を占め、最大となっています。また世界で最も利用される航空路線も、同地域に含まれます。 

旅客数増加の理由 

航空旅客数が世界的に増加している背景には、一般的に3つの要因があると考えられています。まず、過去15年で市場シェアが倍増した格安航空会社(LCC)の成長と、主に中国が牽引役となっている世界の中間所得者層の台頭が挙げられます。これら2つの要因は、飛行機旅行をする余裕がある消費者の増加につながりました。また、主にアジア太平洋地域で急速に進む空港インフラへの支出拡大により、旅客輸送能力が向上したことも旅客数増加に貢献しています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。

statista.comでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供している他、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

製造・輸送に関するその他の統計

製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)