製造・輸送

世界最大のコンテナ港と中東・北アフリカの主要港湾に迫る

2024年5月13日 | 発行元 Statista Japan
大量の海上コンテナを積み、コンテナ港に停泊する大型のコンテナ貨物船
schulzhattingen via Getty Images
  • 「世界の工場」として知られ、機械、電子機器、消費財の主要な輸出国である中国には、コンテナの許容量と取扱量において世界最大のコンテナ港が複数存在します。
  • 2024年4月には、韓国の大手海運会社HMMと上海国際港務集団(SIPG)の間で合意文書(MOU)が締結され、SIPGが上海港で、HMMの船舶に対してメタノール燃料やLNG燃料を供給していくことが決まりました。

コンテナ港は、グローバル・サプライチェーンの要衝であり、海上コンテナを船舶、鉄道、トラックなどで長距離輸送するための中継地です。商品やモノの輸出入には、こうした港湾ネットワークが欠かせません。「世界の工場」として知られ、機械、電子機器、消費財の主要な輸出国である中国には、貨物の許容量と取扱量において世界最大のコンテナ港が複数存在します。2022年時点では、世界最大の港は上海港で、世界の10大コンテナ港のうち6港が中国の港です。

世界一の上海港

上海港のコンテナ貨物取扱量は、2022年時点で4,700万TEU(20フィートコンテナ換算)以上となっており、同年の世界ランキングで2位のシンガポール港を1千万TEU上回っています。上海港のコンテナ取扱量は、中国の輸出額増加を受けて、2013年から2022年までに40パーセント上昇しました。 長江(ちょうこう)、黄浦江(こうほこう)、銭塘江(せんとうこう)の合流点に位置し、中国の内陸水路へとつながる上海港は、地理的優位性に恵まれています。

世界最大の港、上海港を出入りする大型商船の多くは、燃焼時に二酸化炭素(CO2)を発生させる舶用重油を燃料としています。上海港を運営する上海国際港務集団(SIPG)では、こうした状況を改善すべく、脱炭素化への移行に積極的に取り組んできました。2024年4月には、韓国の大手海運会社HMMとSIPGの間で合意文書(MOU)が締結され、SIPGが上海港で、HMMの船舶に対してメタノール燃料やLNG燃料を供給することが決まりました。環境への負荷が少ないこうした燃料を供給することで、CO2排出量の削減を目指すものとみられています。

中東・北アフリカ地域の主要港湾

ドバイのジェベル・アリ港は、2022年のコンテナ貨物取扱量が、中東・北アフリカ地域で最大の約1,400万TEUに達しました。ジェベル・アリ港のコンテナ取扱量は、オランダのロッテルダム港に次ぐ世界第12位です。同港は、アラブ首長国連邦(UAE)の道路、鉄道、空港とつながっており、複合一貫輸送が可能です。一方で、2007年に開港したモロッコのタンジェ地中海新港(Tanger MED)は、2022年のコンテナ取扱量が約760万TEUに達しています。また、中東・北アフリカ地域で2番目に大きなコンテナ港であり、アフリカ最大の港でもあります。


Statistaは、記載された情報の完全性および正確性に関して一切の責任を負いません。このページに掲載されているのは一般的な情報であり、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア

統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)