製造・輸送

世界の産業ガス市場とその概要

2024年4月24日 | 発行元 Statista Japan
青空、草原、水素ガス用のパイプライン
Petmal via Getty Images
  • 産業ガスの世界市場規模は、2021年時点で937億米ドルとなっており、2027年には1,291億米ドル以上に達する見込みです。 
  • 日本の産業ガス大手の大陽日酸は、先端半導体の国産化を狙うラピダス(Rapidus)が北海道千歳市に建設する新工場の敷地内に、産業ガスの製造施設を建設すると公表しています。 

産業ガスとは、工業製品の製造工程で幅広く使われるガスの総称で、酸素・窒素・アルゴンなどのエアセパレートガス(空気分離ガス)、炭酸ガス・水素(副生ガス)、アセチレンガス、希ガス・化学合成ガス(半導体用ガス)などを含みます。その種類は豊富で用途も異なり、使用量や使用形態に応じて、気体または液体の状態でパイプラインや容器(シリンダー)、液化ガスローリー・ガストレーラーなどにより供給されます。産業ガスは、常温・常圧では気体に変化します。産業ガスの世界市場規模は、2021年時点で937億米ドルとなっており、2029年には1,291億米ドル以上に達する見込みです。 

産業ガスの主な用途

産業ガスは、製造業の大半で重要な役割を担っています。たとえば化学製品(薬品)の製造工程では、原材料として産業ガスが用いられており、金属・鉄鋼業では、主に燃焼温度を上げる目的で大量の酸素が使用されます。自動車産業や造船業でも、産業ガスが金属の切断や溶接によく使われます。ほかにも、半導体製造、医療、医薬品、食料・飲料、水素エネルギーなど、産業ガスは幅広い分野で活用されています。 

産業ガス大手

エア・リキード(Air Liquide)、リンデ(Linde)、エアプロダクツ(Air Products)、大陽日酸は、産業ガス業界の大手企業であり、合わせると世界シェアの大半を占めます。2022年の売上高が業界1位だったのは、フランス・パリに本社を置く多国籍企業のエア・リキードです。同社の売上高は、310億米ドル以上にのぼりました。アイルランドに本拠地を置く業界2位のリンデは、ドイツのリンデAG(Linde AG)と米国のプラクスエア(Praxair)の経営統合により2018年に設立された会社で、従業員数は、2022年時点で約6万5千人に達しています。 

また、日本の産業ガス大手の大陽日酸は、先端半導体の国産化を狙うラピダス(Rapidus)が北海道千歳市に建設する新工場の敷地内に、産業ガスの製造施設を造設すると公表しています。先端半導体の生産工程は複雑化しているため、より多種・多量の産業ガスの使用が見込まれています。大陽日酸は、新工場への特殊ガスの供給円滑化を支援することで、半導体産業の発展に貢献したいとしています。 


Statistaは、記載された情報の完全性および正確性に関して一切の責任を負いません。このページに掲載されているのは一般的な情報であり、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア

統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)