環境技術・グリーンテック

2022年 プラグイン電気自動車のブランド別世界販売台数

出典

CleanTechnica; EV-Volumes.com

公開日

February 23

調査期間

2022

補注

Excluding buses and trucks.

協力
ev volumes

2022年 プラグイン電気自動車ブランド別世界販売台数

2023-08-24 | 発行元 Statista Japan

2022年に中国の電気自動車(EV)メーカーBYDは、テスラ(Tesla)を抜いてEVの販売台数で世界第1位となりました。同年、BYDは185万台弱のプラグイン電気自動車(PEV)を全世界で販売しています。2022年に約131万台のPEVを販売したテスラとSAIC/GM/Wulingの合弁会社は、販売台数で上位2位と3位となりました。また、BYDは中国で最もPEVの販売台数が多い自動車メーカーでもあります。

EV販売における欧州メーカーの躍進 

PEV市場では、欧州に拠点を置くフォルクスワーゲン(Volkswagen)、BMW、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)、ルノー(Renault)、アウディ(Audi)が上位に食い込んでおり、EV市場をリードする勢いを持っていることは確かです。 

一方、コロナウイルスが流行した2020年には、世界の自動車販売台数が約6,400万台まで約15%減少するなど、市場の不安定さが浮き彫りになっています。 さらに、コロナ禍によって加速した世界的な半導体不足も市場に課題をもたらしました。

環境に優しい未来へ 

気候変動が世界中で話題となっている中、大気中に水蒸気しか排出しない燃料電池車(FCEV)やハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、バッテリー電気自動車(BEV)の導入は、ますます魅力的なオプションとなっています。2020年に世界で出願された環境配慮型の輸送に関連する特許は、環境保護関連特許全体の4分の1近くを占めています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)