航空

2004年~2021年 貨物航空会社の世界売上高(単位:10億米ドル)

出典

International Air Transport Association; International Civil Aviation Organization; Airfinance Journal (Airline Analyst); Refinitiv; S&P Global Platts

公開日

October 2021

調査期間

2004 to 2020

補注

* This figure was taken from a previous edition which was released prior to the coronavirus outbreak and can be accessed here. ** Forecast Figures prior to 2016 were taken from previous reports. 2021 figure is estimated.

航空貨物輸送業界の世界売上高 2004年~2021年

2023-11-05 | 発行元 Statista Japan

2021年の航空貨物輸送業界の売上高は、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大にもかかわらず、世界全体で1,750億米ドルに達しています。 

新型コロナによる航空貨物への影響

世界の航空貨物業界においては、コロナ禍で航空貨物量が減少したものの、業界全体の収益は向上しました。コロナ禍で深刻な打撃を被った旅客航空業が事業環境の悪化に飲み込まれたことに加え、2020年3月の国際航空貨物輸送量は、前年同月比で約20パーセント減少しました。しかし、国際航空貨物業界の収益は、コロナ禍で実施されたロックダウン(都市封鎖)や生産活動の低下にもかかわらず、わずかに増加しました。その主な要因としては、航空貨物運賃の上昇が挙げられます。 

航空貨物フォワーディング業界 

航空貨物輸送が円滑に機能する手助けをするのが航空貨物フォワーダーの主な役割であり、企業は航空貨物フォワーダーと協力して世界的な事業を計画します。そのため、航空貨物フォワーダーは、年々活発化する国際貿易の調整役のひとつに数えられます。航空貨物フォワーディング業界においては、多数の企業が市場シェアの拡大を狙っていますが、巧妙な事業戦略を策定した企業が他社よりも成功を収めています。取扱貨物量ベースの世界ランキングで上位3位の航空貨物フォワーダーは、2019年時点でスイスのキューネ ウント ナーゲル(Kuehne + Nagel)、ドイツのDHLサプライチェーン アンド グローバルフォワーディング(DHL Supply Chain & Global Forwarding)、さらにドイツ鉄道(DB)の運輸子会社であるシェンカー・ロジスティクス(Schenker Logistics)となっています。航空貨物フォワーダーにとって、世界貿易の拡大は事業機会を広げるためのインセンティブにつながります。航空貨物を含む貨物フォワーディング業界全体の市場規模は、2024年までに1,780億米ドルに達すると予想されており、2018年の水準から23パーセントの増加となります。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)