エレクトロニクス

2023年時点 リチウムの国別埋蔵量(単位:1,000トン)

出典

United States Geological Survey

公開日

January 2024

調査期間

2023

補注

All figures are estimates. Values have been rounded.

2023年 リチウムの埋蔵量が最も多い国

2024-03-22 | 発行元 Statista Japan

2023年時点では、およそ930万トンのリチウムが存在したと推定されるチリは、世界最大のリチウム埋蔵量を誇る国です。同年の米国のリチウム埋蔵量は、約110万トンであったと考えられています。 

各国のリチウム埋蔵量 

リチウムとは、銀白色の軟らかい金属で、アルカリ金属元素のひとつに数えられます。反応性が高く不安定なことから、自然界では化合物としてのみ存在します。チリのリチウム埋蔵量は、他国のそれに大きく差をつけて世界一となっています。2位のオーストラリアのリチウム埋蔵量は、2023年時点で620万トンであったと推定されています。鉱物埋蔵量とは、推定時点で採掘・産出が可能な鉱物資源と定義されます。2023年のリチウム鉱山の生産量では、オーストラリアが世界ナンバーワンとなっており、同年のリチウム生産量は8万6千トンに達しています。 

リチウムと鉱物資源獲得のゴールドラッシュ 

リチウムの最も一般的な用途が電池です。世界的なリチウムの需要は、充電可能なリチウムイオン電池が使われる電気自動車の市場拡大に後押しされ、2025年までに100万トンに達すると予測されています。その先の2030年には、200万トンを超える見込みです。2022年時点では、中国のCATL(寧徳時代新能源科技、Contemporary Amperex Technology Co., Ltd.)と韓国のLGエネルギーソリューションが世界最大のリチウムイオン電池メーカーとなっており、2社を合わせると世界シェアの半分以上を占めています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)