水上輸送

2022年 世界の港湾別コンテナ取扱量ランキング (単位:100万TEU )

出典

Antwerp Port Authority

公開日

April 2023

調査期間

2022

補注

The twenty-foot equivalent unit (often TEU or teu) is the shipping industry’s standard unit of measure. Throughput is defined as the total volume of cargo handled. The values have been rounded.

2022年 貨物取扱量が世界最大の港湾

2024-05-13 | 発行元 Statista Japan

世界最大のコンテナ港は、2022年のコンテナ取扱量が4,700万TEU(20フィートコンテナ換算)を超えた中国・上海港です。2022年時点では、世界10大コンテナ港のうち9つがアジアの港湾でした。 

世界最大のコンテナ港 

アジア最大のコンテナ港には、上海、シンガポール、香港が含まれます。米国では、ロサンゼルス港および隣接するロングビーチ港が国内最大のコンテナ港です。オランダのロッテルダム、ドイツのハンブルク、ベルギーのアントワープは、欧州最大の港湾都市となっています。利益の観点から言うと、コンテナ船による海上貿易は、水上輸送において最も重要な部門であり、コンテナ ハンドリング チャージ(コンテナ貨物の取り扱いについての追加料金)は、港湾の運営管理によって得られる主な収益のひとつです。海上コンテナの長さは、主に20フィートと40フィートの2種類があります。海上コンテナ1個分を1TEUと呼びますが、TEUは、20フィートで換算したコンテナ個数を表す単位です。40フィートの場合は、FEUが用いられます。 

世界最大の港湾運営会社 

世界の港湾運営会社ランキングでは、シンガポールのPSAインターナショナル(PSA International)が1位となっており、英領ヴァージン諸島に本社を置くハッチンソン ポート ホールディングス(Hutchison Port Holdings)がそれに続いています。PSAインターナショナルは、全世界で複数の港湾を運営しており、2022年度の売上高は、約80億シンガポールドルに達しました。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
車両・道路交通 製造・輸送
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


製造・輸送

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)