食品・飲料品店

2023年10月時点 日本の消費者が好きなアイスクリームのフレーバー

出典

Japan Ice Cream Association

公開日

January 2024

調査期間

October 18 to 24, 2023

補注

Original question: "Which ice cream flavors do you like? Please rank your three favorite flavors." Figure represent the first choice of respondents.

2023年 日本人が好きなアイスクリームの味

2024-03-21 | 発行元 Statista Japan

2023年、日本の消費者が「一番好きなアイスクリームのフレーバー」に選んだのはバニラ味でした。2023年10月に日本で行われた調査によると、回答者の29パーセント以上が好きな氷菓子としてバニラ味のアイスクリームを選んだことがわかっています。

チョコレート、ストロベリー、クッキー アンド クリームなど、欧米で人気の定番フレーバーが日本でも人気を集めている一方で、抹茶、あずき、ソーダなど、日本人の味覚に合う昔ながらのフレーバーもその人気には陰りが見えません。

日本独自のアイスクリームフレーバー

日本人が最も好きなスイーツはアイスクリームで、ケーキやチョコレートなどの定番スイーツはそれぞれ2位、3位となりました。最近では、伝統的な和菓子と西洋のアイスクリーム文化を見事にマッチングさせたハイブリッド商品をコンビニなどでよく見かけるようになりました。黒ゴマ、さつまいも、きなこなどの昔ながらのフレーバーのほか、大福餅など和菓子の食感をイメージしたアイスクリームが、国内のアイスクリーム市場で根強い人気を誇っています。近年では、食のトレンドが国内外のメディアで何度も取り上げられるようになり、日本のデザートが海外にも知られるようになりました。それに伴い、醤油、納豆、ラーメン、イカ墨といったより大胆なフレーバーが登場し、消費者を魅了しています。

国内アイスクリーム市場の概要

日本のアイスクリーム業界の売上高は、近年5千億円を超える規模に成長しています。日本で最も売れているアイスクリームのパッケージタイプはファミリーサイズのマルチパックで、次いで紙コップで提供されるアイスクリームが人気でした。日本では、消費されるアイスクリームの大半を国内で生産していますが、ハーゲンダッツ(Häagen-Dazs)やバスキンロビンス(Baskin-Robbins)などの輸入アイスクリームブランドが人気で、「ダッツ」「サーティワン」の愛称で親しまれています。


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。Statistaでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供しているほか、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
経済 社会 旅行・観光・ホスピタリティー 日本
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


日本

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)