廃棄物管理

2012年度~2021年度 日本の一般廃棄物総排出量(単位:100万トン)

出典

Ministry of the Environment Japan

公開日

March 2023

調査期間

fiscal year 2012 to 2021; the Japanese fiscal year starts on April 1 of the stated year and ends on March 31 of the following year

補注

Including household waste and industrial waste. Values have been rounded.

2012年度~2021年度 日本のごみ総排出量

2023-12-07 | 発行元 Statista Japan

2021年度の日本のごみ総排出量は、約4,100万トンでした。排出量は、2021年度まで9年連続で減少を続けており、2012年度と比較すると400万トン以上減っています。 

日本のごみ事情 

日本では、家庭から排出される生活系ごみの割合が年間3千万トンと最も多く、事業系ごみの排出量は比較的少なくなっています。生活系ごみのなかでは、プラスチック製容器包装が大きな割合を占め、使い捨てプラスチック製品やプラスチック包装が広く使用されていることが、大量のプラスチックごみの発生につながっています。結果として生じるプラスチック汚染は、大きな環境問題に発展しています。 

日本のごみ処理 

ごみの処理方法としては、焼却処理が圧倒的に多く、日本のごみ焼却率は75パーセント近くに達しています。対照的に、ごみのリサイクル率は2021年度までの10年間、20パーセント前後と低い水準で推移しています。通常、リサイクルや焼却処理が困難な廃棄物は、埋め立て処分されます。ごみの総排出量は減っているものの、ごみを埋め立てるための最終処分場の残余量も減少しており、埋め立て地の不足が大きな課題となっています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。Statistaでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供しているほか、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
経済 社会 旅行・観光・ホスピタリティー 日本
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


日本

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)