テレビ・ビデオ・映画

2013年~2022年 日本アニメの海外売上高(単位:1兆円)

出典

The Association of Japanese Animations

公開日

February 2024

調査期間

2013 to 2022

補注

100 Japanese yen equal 0.68 U.S. dollars or 0.63 euros as of February 2024. Values have been rounded.

2013年~2022年 日本アニメの海外市場規模

2024-03-22 | 発行元 Statista Japan

日本アニメの海外市場は近年堅調な伸びをみせており、その市場規模は2022年に過去最高となる約1兆4,600億円に到達しました。同年、国内市場と海外市場を合わせた日本アニメの世界市場規模は、およそ2兆9,300億円に達するとみられ、過去最高額を更新しました。 

アニメの輸出 

国内のコンテンツ産業において重要な役割を担うアニメ産業は、日本経済の牽引役として2000年代前半から注目度が増しています。メディアコンテンツやその他のポップカルチャー商品(ポケモンの関連商品やおもちゃなど)の海外輸出は、日本が不況に見舞われた1990年代をとおして成功事例とみなされました。日本のアニメ産業を部門別にみると、商品化部門(アニメ関連商品の売上高)が国内市場において最大の割合を占めていることがわかります。なお、海外部門の売上高には、放送・上映・動画配信などのアニメ関連消費もすべて含まれています。ネットフリックス(Netflix)やアマゾン プライム ビデオ(Amazon Prime Video)、ディズニー・プラス(Disney+)など、大手動画配信サービスの競争でアニメコンテンツに対する需要が高まったことにより、近年では特にアニメの動画配信に関心が集まっています。 

人口構成の変化 

日本のアニメ制作会社や関連企業が海外に活路を見出そうとする背景には、国内市場が成長する見込みが限られているという実情があります。出生率が低く少子化が進む日本では、子供向けテレビ番組とアニメ関連商品の販売を一体化させたメディアミックス戦略をとるアニメ産業にとって特に困難な課題となることが予見されます。とはいえ、日本のアニメ産業は、1990年代から大人向けコンテンツの制作を拡大してきました。アニメ制作分数の比較からは、数十年前とは異なり、大人向けコンテンツが子ども・家族向けコンテンツの量を上回っている様子がみてとれます。一般的には、アニメを楽しむ大人が増えているといわれますが、より洗練された内容のコンテンツが増えていることも、その一因といえるでしょう。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。Statistaでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供しているほか、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
経済 社会 旅行・観光・ホスピタリティー 日本
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


日本

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)