国際情勢

1987年~2022年 日本の1人当たりの国内総生産(GDP)の推移と2028年までの予測値(単位:米ドル)

出典

International Monetary Fund

資料名

World Economic Outlook Database October 2023

公開日

October 2023

調査期間

1987 to 2028*

補注

* Estimate.Figures have been rounded for the sake of a better understanding of the statistic.

1987年~2028年 日本の1人当たりGDP

2024-02-07 | 発行元 Statista Japan

この統計は、1987年から2022年までの日本の1人当たりの国内総生産(GDP)の推移と、2028年までの予測値を示したものです。2022年、日本の1人当たりGDPは約3万3,853.8米ドルでした。

日本経済 

日本は、世界で第3位の経済大国であり、主要国首脳会議(G7)の一角を成しています。しかし、金融部門の脆弱性や過剰な規制、需要不足などが原因で、日本は1990年代初頭から2000年にかけて「失われた10年」と呼ばれる経済低迷期に陥りました。日本経済は、バブル崩壊から徐々に回復しつつありますが、1980年代に達成した高い経済水準を維持するのに苦戦を強いられています。バブル崩壊に対して、政府は投資による景気刺激策で対応しましたが、その結果、莫大な公的債務が21世紀に入ってさらに膨らみ、とくに2008年の世界金融危機以降はその傾向が顕著になっています。 

日本の家計と需要 

日本においては、失業率が非常に低い水準で推移し続けていますが、国内の需要は依然として芳しくありません。需要が低下すると、企業の多くは利益率の減少に合わせて産量を下げることから、生産に直接的な影響を及ぼします。消費者信頼感指数(CCI)によると、日本の消費者は、生活の質、所得の伸び、雇用、耐久消費財の購入において、満足のいく水準に達していないと感じています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
経済 社会 旅行・観光 日本
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


日本

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 礼菜

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)