テレビ・ビデオ・映画

2014年~2023年 日本の映画館の平均入場料(単位:日本円)

出典

Motion Picture Producers Association of Japan

公開日

January 2024

調査期間

2014 to 2023

補注

100 Japanese yen equal 0.68 U.S. dollars or 0.63 euros as of February 2024.

2014年~2023年 日本の映画館の平均入場料

2024-03-21 | 発行元 Statista Japan

2023年、日本の映画館の平均入場料は1,424円でした。平均料金は観測最高値を更新しています。 

日本の映画館の運営会社 

日本の映画館を運営する大手興行会社には、TOHOシネマズやイオンシネマ、MOVIX、ティ・ジョイ、109シネマズ、シネマサンシャインが挙げられます。日本全国の映画館のスクリーン数は、1989年から1998年にかけて2千スクリーン未満という最低水準まで落ち込みましたが、2023年には3,600スクリーン以上にまで回復しています。映画館市場が飽和状態にもかかわらずスクリーン数が増加した要因としては、新しく作られたショッピングセンターが通常最低でも1つの映画館を中核テナントとして計画したことにあるとみられています。映画館チェーンもまた、競合他社に市場シェアを奪われることを避けるために市場が飽和状態でも追加のテナント契約を行ったため、スクリーン数の上昇につながったと考えられています。 

2019年の入場料金変更 

日本の映画館の平均入場料金は、2019年に大幅に値上がりしました。映画館大手のTOHOシネマズと109シネマズの2社が主導し、1998年から1,800円だった標準入場料金が、2019年6月1日に約1,900円に引き上げられたのです。料金引き上げに至った理由の一つが、3Dや4DX、IMAX映画に関連する費用の増加です。とはいえ、映画館は一般的に割引を提供するため、平均入場料は低くなっています。入場料金の値上げにもかかわらず、映画館の総入場者数はコロナ禍前の2019年に1億9,500万人ほどに達し、1971年以来最高となっています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。Statistaでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供しているほか、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
経済 社会 旅行・観光・ホスピタリティー 日本
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


日本

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)