廃棄物管理

2013年~2022年 日本の廃プラスチック総排出量(単位:トン)

出典

Plastic Waste Management Institute

公開日

December 2023

調査期間

2013 to 2022

補注

Figures have been rounded.

2013年~2022年 日本のプラスチックごみ廃棄量

2024-03-22 | 発行元 Statista Japan

2022年に日本で廃棄されたプラスチックごみの量は約823万トンにのぼり、900万トンを超えた2013年と比較すると減っています。過去10年間、プラスチック廃棄物の量は減少傾向にありますが、プラスチックごみによる汚染は依然として深刻な環境問題です。プラスチックは分解されるまでに最大で500年かかるとされ、マイクロプラスチックとなって食物連鎖に入り込むと、人間や動物の健康を脅かす存在となります。 

排出量が最も多い家庭系ごみ 

日本では、ごみ総排出量の大半を家庭排出ごみが占めており、事業系ごみ排出量はそれよりも少なくなっています。プラスチック包装およびプラスチック容器は、食品・飲料容器などの包装に広く使用されることから、家庭ごみの約半分を占めています。日本における一般廃棄物の処理方法として最も一般的なのは焼却処理で、都市ごみの焼却率は約75パーセントとなっています。焼却処理施設にはフィルタリング技術が導入されているものの、焼却処理工程では大気汚染と地球温暖化の原因となる温室効果ガスが発生します。高い償却率とは対照的に、一般廃棄物のリサイクル率は約20パーセントと低いままです。 

 
紙がプラスチックを代替 

多くの日本企業はプラスチックごみの削減策として、包装材料を中心にプラスチック製品を紙製品に置き換える取り組みを行っています。紙は木材から作られ、プラスチックに比べてリサイクルしやすいため、持続可能な代替品として注目されています。そのため、持続可能な代替品として注目されています。さらに、紙は日本で再利用率が最も高い資源のひとつで、古紙リサイクル率は79パーセントを超えています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
経済 社会 旅行・観光・ホスピタリティー 日本
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


日本

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)