国際情勢

2018年~2028年 日本の実質GDP(国内総生産)の前年比成長率

出典

Statistisches Bundesamt Deutschland; International Monetary Fund

資料名

World Economic Outlook Database October 2023

公開日

October 2023

調査期間

2018 to 2022

補注

* Estimate.Values have been rounded to provide a better understanding of the statistic.

2018年~2028年 日本の実質GDP(国内総生産)の前年比成長率

2024-05-06 | 発行元 Statista Japan

2022年、日本の実質GDP(国内総生産)は、前年比で1.05パーセント上昇しました。一方、同年の中国のGDP成長率は、8.45パーセントに達しています。 

日本の国内総生産成長率 

GDPは、一国の経済状況を分析するのに最もよく用いられる指標のひとつです。一定期間内(通常1年間)に国内で生産された財やサービスなどの付加価値の合計額を示す指標で、一国の経済をより根本的に理解することができます。前年比GDP成長率は、経済がどのような方向に向かっているのかを示す明確かつ有益な指標です。実質GDPは、物価の変動(インフレーションとデフレーション)による影響を考慮したうえで算出されることから、非常に実用的で洞察に富んでいます。 

日本経済の現状と不安要素 

青天の霹靂のごとく発生した2008年の世界金融危機以来、日本のGDPは低迷しており、いまだに経済の足場固めができていません。しかし、財政的苦境が続いているにもかかわらず、日本は依然として世界有数の経済大国としての地位を維持しています。2022年の名目GDPでは世界第3位で、製造業が非常に盛んなのが特徴です。米国、中国に次いで世界第3位を誇る自動車産業や、世界で最も革新的とされるエレクトロニクス産業を擁します。日本は数々の世界ランキングで上位入りを果たしていますが、最大の不安要素は、2023年時点でGDPの200パーセント以上、約1,200兆円余りに膨れ上がった公的債務の問題です。問題です。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
経済 社会 旅行・観光・ホスピタリティー 日本
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


日本

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)