通信

2007年第3四半期~2023年第4四半期 世界のスマートフォン出荷台数にiPhoneが占める割合

出典

International Data Corporation; Gartner

資料名

IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker

公開日

January 2024

調査期間

2007 to 2023

補注

The figures up to and including the fourth quarter of 2008 were collected by Gartner. The values from the first quarter of 2009 are taken from publications by IDC.

2007年~2023年 Apple社製iPhoneのスマートフォン世界市場シェア

2024-02-07 | 発行元 Statista Japan

アップル(Apple)は、2023年第4四半期のiPhoneの世界スマートフォン市場シェアが前四半期を上回り、24.7パーセントに達したと公表しました。アップルの長年のライバルであるサムスン電子(Samsung)は、シェア率16.3パーセントで第1位となっています。

アップルとサムスン電子が支配するスマートフォン市場

アップルは2009年以降、世界の主要スマートフォン販売会社の上位5社に名を連ねています。かつて市場をリードしていたノキア(Nokia)とRIM両社の衰退もあり、アップルとサムスン電子は市場での存在感を強めました。第3位であった中国メーカーのファーウェイ(Huawei)が米国からの政治的圧力、関税、規制により、近年スマートフォン市場主要企業から離脱するなか、シャオミ(Xiaomi、小米)、オッポ(Oppo)、トラシオン(Trassion)がシェアを伸ばしています。

コロナウイルス感染拡大によるiPhone販売台数の影響

コロナウイルス感染拡大によるiPhone販売への長期的な影響は未だ明らかではないものの、短期的な影響は現れています。アップルの収益サイクルは通常四半期ごとに大きく変動しますが、同社のiPhoneによる収益が2四半期連続で300億米ドルを下回ったのは、2017年が最後となっています。

2023年第3四半期には、新型iPhone 15に牽引される形で業績は若干低迷し、アップルは同四半期の世界出荷台数でサムソン電子に次いで第2位になりましたが、アップル製品の売上は毎年第4四半期に好調になっています。


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)