テレビ・ビデオ・映画

2020年第1四半期~2024年第1四半期 世界のディズニープラス(Disney+)会員数 (単位:100万人)

出典

Walt Disney Company; Variety Media

公開日

February 2024

調査期間

December 2019 to December 30, 2023

補注

Incl. subscribers to the bundle, which offers Disney+, Hulu, and ESPN+. A subscription bundle is considered a paid subscriber for each service in the bundle. As of May 2020, the bundle is only available to subscribers in the United States. Some figures came from previous reports.

2020年第1四半期~2024年第1四半期 世界のディズニープラス会員数

2024-03-21 | 発行元 Statista Japan

全世界のディズニープラス(Disney+)の会員数は、2024年第1四半期は1億4,960万人となりました。2023年10月よりさらなる値上げが実施される中、前年同期比1,200万人減となりました。

中核地域では会員数の増加が続く

ウォルト・ディズニー・カンパニー(The Walt Disney Company)は2024年までに6,000~9,000万人の会員を獲得することを目標に、2019年11月にストリーミング配信サービスを開始しましたが、その後2年ほどで、「ディズニープラス」は全世界で会員数1億人を達成しました。一方、SVOD(定額制動画配信)市場のリーダーであるネットフリックス(Netflix)は、より市場競争の少ない環境下で、加入者数1億人を達成するまでに約10年を要しました。2023年上半期に「Disney+ Hotstar」会員数の減少はありましたが、同インド向けサービスを除く全世界の会員数は増え続けています。

ディズニープラスの人気コンテンツ

ディズニープラスの魅力は、定番アニメの他に、ディズニーの様々な子会社が提供する幅広いジャンルのコンテンツが充実していることです。近年、ウォルト・ディズニー・カンパニーは、ルーカスフィルム(Lucasfilm)、 20世紀スタジオ(20th Century Studios)、ピクサー(Pixar)、マーベル・エンターテインメント(Marvel Entertainment)を買収して、あらゆる世代の視聴者に広く受け入れられるような体制を整えています。2022年には、ディズニープラスで独占配信されている「ムーンナイト」と「オビ=ワン・ケノービ」が、米国と英国で最も人気のある独占配信シリーズの上位5作品に入りました。


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)