ハードウェア

2021年 人工知能(AI)の世界市場規模および2030年までの予測値(単位:100万米ドル)

出典

Next Move Strategy Consulting

公開日

January 2023

調査期間

January 2023

協力
next move strategy consulting

2021年~2030年 人工知能(AI)の世界市場規模

2024-05-17 | 発行元 Statista Japan

市場調査・コンサルティング会社Next Move Strategy Consultingによると、人工知能(AI)市場はこの先10年で大きく成長することが予測されています。2021年時点では約1千億米ドルだったAI市場規模ですが、2030年にはほぼ20倍の約2兆米ドルにまで拡大するとみられています。AI市場には、サプライチェーンやマーケティング、製品開発、リサーチ、データ分析など多数の業界が含まれており、これらの業界では何かしらの形で事業構造に人工知能が導入されていくと推測されます。チャットボットや画像生成AI、モバイルアプリは、今後数年でAIの性能を向上させる大きなトレンドの一つとなるでしょう。 

拡大する生成型AI市場 

2022年のChatGPT 3.0の登場によって、生成型AIには多くの可能性があることが明らかになりました。グーグル(Google)検索数の推移を比較すると、2022年から2023年にかけて市民の生成型AIへの関心度が急激に高まった様子が一目でわかります。ChatGPTや類似の対話型AIのアップデート版が今後リリースされることや、より高度な生成型AIプログラムが開発中であることからも、人々の関心は今後も継続するものとみられています。 

学術界における認知度 

AIは長きにわたり急速に変化する分野であったことから、学術界の専門家たちは、目まぐるしい技術発展に遅れないようにする必要がありました。たとえば北米では、AIを専門とする博士号取得者の多くが一般企業に就職しており、学術界に残って研究を続ける人は半数弱に過ぎません。また、研究プロセスには時間がかかることから、AIをテーマとした従来の学術論文は、常に後手後手に回ってきた背景があります。とはいえ、AIに関する論文の出版が増えていることからも、この傾向には変化が生じています。

 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)