インターネットの利用状況

2024年1月時点 世界のインターネットおよびソーシャルメディア利用者数(単位:10億人)

出典

We Are Social; DataReportal; Meltwater

資料名

Digital 2024: Global Overview Report

公開日

January 2024

調査期間

January 2024

補注

The source adds following information: "Social media users may not represent unique individuals"

協力
kepios

2024年 世界のデジタル人口

2024-03-21 | 発行元 Statista Japan

2024年1月時点で世界のインターネット利用者数は53.5億人を超えており、世界総人口の66.2パーセントにあたります。また、世界人口の62.3パーセントに当たる50.4億人がSNS(ソーシャルメディア)のユーザーでした。 

世界のインターネット利用状況 

世界中の人々をつなぐインターネットは、現代の情報化社会の中核をなす柱となっており、もはやインターネットのない世界は考えられません。2023年、インターネットが最も普及していた地域は北欧(97.3パーセント)でした。2023年4月時点では、ノルウェー、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)の人口の99パーセントがインターネットを利用していました。反対に最も普及率が低いのは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)で、一般国民への普及率はほぼ0パーセントです。2023年時点でインターネット利用者数が最も多い地域はアジアで、約29.3億人でした。2位はヨーロッパで、約7億5千万人のインターネットユーザーがいます。 国別のインターネット利用者数では中国、インド、米国が他国を圧倒しています。

インターネット利用者の人口動態

2023年時点では、世界のインターネット利用者全体に女性が占めた割合は63パーセントで、男性より6パーセント低い結果となりました。アラブ諸国とアフリカでは、インターネット利用における男女差がより顕著で、その差はおよそ10パーセントありました。その他の地域では、旧ソ連から独立した国で構成される独立国家共同体(CIS)や欧州でジェンダーギャップが小さい結果となっています。2022年の世界のインターネット利用状況をみると、すべての地域で15歳から24歳の年齢層の利用率が高かったことがわかります。欧州では、若者のインターネット利用率が98パーセントと世界で最も高くなっています。同年齢層のインターネット利用率の世界平均は、75パーセントでした。また、各国の所得水準もインターネット利用率に大きく影響する要因であり、所得の高い国では人口の92パーセントがインターネットを利用していることが報告されているのに対し、低所得国ではわずか26パーセントでした。


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)