Eコマースに関する主な指標

2023年 米国の主な小売EC(電子商取引)企業の市場シェア

出典

eMarketer; Business Insider; LinkedIn Corporation

公開日

April 2023

調査期間

February 2023

2023年 米国で最大の小売EC企業の市場シェア

2024-03-06 | 発行元 Statista Japan

2023年に米国における小売EC(電子商取引)市場シェアが37.6パーセントを占めたアマゾン(Amazon)は、米国で最大のリテールEC企業と推定されています。2位は大手小売りチェーンのウォルマート(Walmart)が展開するECサイトで、市場シェアは6.4パーセントでした。さらに、アップル(Apple)が3.6パーセントで3位にランクインしています。 

止まらないアマゾンの快進撃 

アマゾンは、世界で最も人気のあるオンラインマーケットプレイスとして、長きにわたってEC市場を独占してきました。2022年に純売上高が5千億米ドルを突破したアマゾンにとって、最も採算性の高い市場は米国です。同年、米国におけるアマゾンの純売上高は3,560億米ドルを超えています。米国の次に採算性が高かった国はドイツ(330億米ドル)で、3位には僅差で英国(300億米ドル)がランクインしています。 

ネットショッピングの拡大 

より多くの人びとがネットで買い物をするようになったことで、ネットショッピング市場は過去10年間で大きく成長しました。2023年の米国のEC業界が、約1兆米ドル規模となっていることからもこの傾向は明らかです。EC市場は、2027年までに50パーセント以上拡大すると推定されています。なお、米国人がネットで購入する商品で最も多かったのは、ファッションと飲料でした。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 礼菜

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)