ハードウェア

2024年 世界の主要な半導体企業 時価総額別(単位:10億米ドル)

出典

CompaniesMarketCap.com

公開日

January 2024

調査期間

January 2024

2024年 半導体企業時価総額ランキング

2024-01-19 | 発行元 Statista Japan

2024年1月時点では、米国のエヌビディア(Nvidia)が時価総額ランキング1位の半導体企業となっています。次いで台湾のTSMC(台湾積体電路製造)、米国のブロードコム(Broadcom)、韓国のサムスン電子(Samsung)、オランダのASMLが上位にランクインしています。ランキング上位に多様な企業がひしめき合う様子は、多面的かつ複雑なプロセスが必要とされる半導体チップ開発の本質を表しています。 

半導体業界の地域的特徴 

世界の半導体業界では、北米地域とアジア太平洋地域が優勢的立場にあります。中国、韓国、日本、台湾などの国・地域は、半導体装置向けの支出が世界最大となっています。世界の主要なICチップ製造装置メーカーのひとつで、極端紫外線の露光装置を世界で唯一生産しているのは、欧州に本社を置くASMLです。 

半導体大国を目指す欧州 

EU(欧州連合)は、2030年までに半導体の世界シェア20パーセントを達成する目標を掲げています。欧州の半導体売上高はほかの地域より低いものの、独自の強みが野心的な目標を達成するカギとなる可能性があります。たとえば、自動車向け半導体の生産においては、同分野に特化したオランダのNXPセミコンダクターズ(NXP Semiconductors)やドイツのインフィニオン(Infineon)が存在します。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。

statista.comでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供している他、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)