2024年 世界の主要なテック企業 時価総額別(単位:10億米ドル)

出典

CompaniesMarketCap.com

公開日

March 2024

調査期間

March 2024

補注

The date of release is the date of access.

2024年 大手テック企業の時価総額ランキング

2024-04-04 | 発行元 Statista Japan

2024年3月26日時点で大手テック企業の時価総額ランキングで1位の座に輝いたのは、マイクロソフト(Microsoft)です。同社の時価総額は、3兆1,400億米ドルに達しています。2位には、アップル(Apple)が2兆6,400億米ドルで続いており、ほかにもエヌビディア(Nvidia)、アルファベット(Alphabet、グーグル(Google)の親会社)、アマゾン(Amazon)が上位5位入りを果たしました。 

アップルについて 

1976年にカリフォルニア州パロアルトのガレージで創業したアップルは、数十年で急成長を遂げ、いまでは世界で最も価値のある企業のひとつに数えられます。アップルは、Macintoshなどのパソコンの開発を手がける企業として誕生しましたが、すぐにほかの消費者向け電気製品の開発にも着手するようになりました。現在では、アップルにとって最も収益率の高い主力商品はiPhoneですが、MacBookやiPad、ウェアラブル端末も同社の好調な売上に貢献しています。技術革新に重きを置くアップルは、研究開発(R&D)に毎年資金を投入しており、最近では2024年にAR(拡張現実)ヘッドセットを発売しています。 

サムスン電子について 

消費者向け電気製品業界におけるアップルの宿敵は、韓国のテック大手、サムスン電子(Samsung)です。1938年の日本統治時代に設立された三星商会を母体とし、その後、電子機器や保険業などに事業を拡大しました。サムスン電子は、過去20年近くで2千億米ドル以上の売上を記録しています。複数の部門を横断して事業を展開してはいるものの、世界的に有名なのはその家電製品で、特にスマートフォン、タブレット端末、テレビなどが人気です。 

 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)