インターネットの利用状況

2020年~2025年 世界のインスタグラム(Instagram)ユーザー数(単位:10億人)

出典

Insider Intelligence Inc.; eMarketer

公開日

May 2022

調査期間

2020年から2021年11月

補注

* Forecast According to the source: "Internet users of any age who access their Instagram account via any device at least once per month."

2020年~2025年 インスタグラムの世界全体での利用者数

2023-10-06 | 発行元 Statista Japan

メタ(Meta)社が提供するインスタグラム(Instagram)の月間アクティブユーザー数(MAU)は2021年に12億1千万人に達し、世界のインターネット利用者の約28パーセント強を占めました。同SNSの月間アクティブユーザー数は2025年までに14億4千万人に増加し、世界のインターネット利用者の31.2パーセントを占めると予測されています。

インスタグラムの人気度

2022年1月時点で、インスタグラムは利用者数が世界第4位のSNSです。フェイスブック(Facebook)が依然として人気が最も高く、全世界の月間アクティブユーザー数(MAU)は約30億人となっています。第2位はユーチューブ(YouTube)、第3位はワッツアップ(WhatsApp)と続きます。インスタグラムの利用者数が最も多い国はインドで、インド国内の総利用者数は2億3千万人を超えています。次に多いのは米国で、約1億6千万人が同SNSを利用しています。

Z世代とインスタグラム

2021年9月に実施された調査では、米国のZ世代ユーザーはインスタグラムに週平均5時間を費やしていたことがわかりました。インスタグラムは週当たりの利用時間では第3位でしたが、Z世代のユーザーはティックトック(TikTok)を週平均10時間以上も利用していました。

最もフォロワー数が多いインスタグラムアカウント

インスタグラムの自社アカウントのフォロワー数は、2023年1月時点で5億9,700万人でした。著名人のアカウントでフォロワー数が最も多いのは、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド選手(@chistiano)のアカウントで、フォロワー数は5億3,900万人を超えています。同選手のインスタグラム投稿の平均メディア価値は、98万5千米ドルを超えています。

インスタグラムで最も「いいね!」を集めた投稿は、2022年12月時点では、FIFAワールドカップ2022でアルゼンチンが優勝した直後に、アルゼンチンチームのキャプテン、リオネル・メッシ選手が投稿した写真です。投稿された日に6,100万以上の「いいね!」を集め、それまで1位であった@world_record_eggの「Photo of an Egg」を超えました。


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)