通信

2019年~2023年 世界のIoT(モノのインターネット)デバイスの数と2024年から2030年までの予測値(単位:10億米ドル)

出典

Exploding Topics

公開日

July 2023

調査期間

2019 to 2023

補注

*Forecast IoT connections are defined as connections to remote sensing and actual devices. This includes associated aggregation devices such as hub devices.

2019年~2023年 世界のIoTデバイス数と2030年までの予測値

2024-05-21 | 発行元 Statista Japan

全世界のIoT(モノのインターネット)デバイスの数は、2023年から2030年までの7年間で151億台から290億台以上にほぼ倍増すると予測されています。2030年には中国が世界最大の市場となり、約80億台の消費者向けIoTデバイスが出回るようになるとみられています。 

IoTデバイスはありとあらゆる産業部門や消費者部門で活用されており、2020年には消費者部門がコネクテッドデバイス(IoTデバイスの別称)全体の約60パーセントを占めました。消費者部門の優位性は、今後10年間安定して推移するとみられています。 

主な業界 

現時点で1億台以上のIoTデバイスが使用されている主な業界は、電力・ガス、空調・蒸気暖房、水道・廃棄物処理、小売・卸売、運輸・倉庫、官公庁などです。全業界で使用されるIoTデバイスの数は、2030年までに80億台以上に増加する見込みです。 

活用事例 

消費者部門におけるIoTデバイスの主な活用方法は、スマートフォンなどの消費者向けインターネット/メディアデバイスです。こうしたIoTデバイスの数は、2030年までに170億台以上に成長すると予測されています。2030年までにIoTデバイスが10億台を超えると予想されている分野としては、コネクテッドカー(自律走行車)、ITインフラ、資産追跡・監視、スマートグリッド(次世代電力網)が挙げられます。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 礼菜

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)