モバイルインターネット・ アプリ

2024年1月時点 全世界のインスタグラム(Instagram)ユーザーの年齢・性別分布

出典

DataReportal; Instagram, Inc.; Meta Platforms, Inc.; We Are Social; Meltwater

資料名

Digital 2024: Global Overview Report

公開日

February 2024

調査期間

January 2024

補注

Values may not sum up to 100 percent due to rounding. Facebook's tools do not publish audience data for genders other than "male" or "female".

協力
kepios

2024年 インスタグラム:全世界のオーディエンスの年齢・性別分布

2024-04-17 | 発行元 Statista Japan

2023年1月時点では、世界のインスタグラム(Instagram)アクティブユーザーのほぼ17パーセントが18歳から24歳の男性でした。全世界のインスタグラム人口の半数以上が34歳以下となっています。 

若者とソーシャルメディア 

世界最大のソーシャルネットワークサービス(SNS)の1つであるインスタグラムは、特にティーンエイジャー(13歳から19歳までの少年少女)に人気のアプリです。2020年秋の時点では、インスタグラムがスナップチャット(Snapchat)、ティックトック(TikTok)に次いで、米国のティーンエイジャーに最も人気のあるSNSランキングの第3位に選ばれています。さらにInstagramは、Z世代(1990年代半ばから2000年代後半生まれの人)の女性ユーザーにとって、買い物をする際の意思決定に最も影響力のある広告チャネルの1つとみられています。ティーンの若者は、ソーシャルメディアを利用することで、以前より自信が持てたり、他人に好意を持ってもらったり、自己肯定感が向上したり、孤独感や不安が軽減されたりすると報告しています。 

ソーシャルメディアの悪影響

一方で、ソーシャルメディアにはティーンエイジャーに悪影響を及ぼす可能性があり、エモーショナル・ウェルビーイング(心身的な幸福度)が低い人ほどこの傾向は顕著に現れます。ソーシャル エモーショナル ウェルビーイング(人間関係における心身的な幸福度)が低いティーンエイジャーの35パーセントが、ソーシャルメディアを使用している際にネットいじめを経験したと回答しているのに対し、ソーシャル エモーショナル ウェルビーイングが高いティーンの場合、5パーセントしか同じことを述べていないことがわかりました。このように、ソーシャルメディアは、脆弱な精神状態の若者に悪影響をおよぼす恐れがあるとみられています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)