ハードウェア

2009年第2四半期~2022年第4四半期 PC向けグラフィックス プロセッシング ユニット(GPU)のベンダー別世界出荷台数シェア

出典

Jon Peddie Research

資料名

PC GPU shipments decreased -15.4% sequentially from last quarter and -38% year to year.

公開日

February 2023

調査期間

2009年から2022年

協力
jon peddie research

2009年~2022年 PC向けGPUのベンダー別世界市場シェア

2023-10-05 | 発行元 Statista Japan

2022年第4四半期時点で、PC向けGPU市場における世界最大のベンダーはインテル(Intel)で、71パーセントの市場シェアを占めています。続くアドバンスト マイクロ デバイセズ(AMD)は12パーセント、Nvidiaは17パーセントの市場シェアを獲得しています。

PC向けGPU

グラフィック プロセッシング ユニット(GPU)は、グラフィックス処理専用のプロセッサーです。GPUは、統合型またはディスクリート型の部品になります。統合型グラフィックスとは、GPUが中央処理装置(CPU)に内臓されているGPUのことで、主にインテルが提供しています。一方ディスクリート型GPUは、CPUに組み込まれていない独立したGPUです。NVIDIA(エヌビディアコーポレーション)とAMDの製品が、グラフィックス アドイン ボード(AIB)とも呼ばれるディスクリート型GPU市場の大半を占めています。

ゲーム向けGPU

GPUは、最速のグラフィック処理能力を提供するプロセッサーですが、ゲーマー向けGPUは、主にPCI-Express(Peripheral Component Interconnect Express、PCIe)の拡張スロットに差し込まれるカードとして使用されます。GPUが高性能であればあるほど解像度が高くなり、動きが速く、滑らかになります。また、ゲームなどで1秒間で表示される静止画の数を示すフレームレート(fps)が向上するため、CPUに過度な負荷がかかることによる動作のもたつきやフリーズが改善され、より充実したゲーム体験が実現します。スマートフォンの場合は、チップに組み込まれているSoC(システム オン ア チップ)の一部としてGPUが搭載されています。スマートフォンに搭載されたGPUはゲームのグラフィック処理もできるため、開発者はモバイル端末向けにより美しく、より複雑なゲームを制作することができます。


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)