広告業

2000年~2021年 世界のOOH広告費(屋外広告費)および2024年までの予測値(単位:10億米ドル)

出典

ZenithOptimedia

公開日

June 2022

調査期間

2000 to 2022

補注

* Forecast.

協力

2000年~2024年 世界のOOH広告費

2024-01-25 | 発行元 Statista Japan

世界のOOH(アウト オブ ホーム、Out-of-home)広告費は、2022年末までに390億米ドル以上に達すると見込まれています。新型コロナウイルス感染症の流行により広告費が世界的に激減した2020年以降、回復傾向がみられます。最新の予測によると、この傾向は数年にわたって継続するとみられ、2024年末には世界のOOH広告費が450億米ドルに達すると予想されています。 

OOH広告について 

OOH広告または屋外広告とは、自宅以外の場所で消費者に向けて展開される広告のことです。OOH広告の主な種類としては、従来の看板広告やDOOH(デジタル屋外)広告、ストリートファーニチャー広告(バスやタクシーの停留所、公共のベンチ、道路の防護柵に設置された広告)、交通広告(駅のホームや駅構内、バス、電車、飛行機の車内・車外に設置された広告)、プレイスベース広告(競技場やスタジアムなどに設置された広告)が挙げられます。人通りの多い道路に設置された看板や掲示板は、その大きさと露出度ゆえに最も大勢の消費者にリーチする屋外広告形式のひとつに数えられます。屋外広告分野で世界最大手の企業は、2022年の年間売上高が約35億米ドルにのぼったフランスのジェーシードゥコー(JCDecaux)です。 

デジタル化が進むOOH広告 

OOH広告は世界で最も古い形式の広告のひとつですが、その重要性はメディア業界における技術の進歩によってこれまでにないほどに増しています。広告代理店は、OOH広告のデジタル化(物理的な広告をデジタル形式に変えること)を進めることで、潜在顧客にさまざまな最新機能(より鮮やかな色の広告や、動く広告、広告バリエーションなど)を提供することができます。世界のDOOH広告収益は、2023年に26パーセント以上増加し、約133億米ドルに達する見込みです。こうした背景から、デジタル化は今後数年でさらに加速することが予測されています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)