商業不動産

2017年第4四半期~2023年第4四半期 米国のオフィス空室率

出典

Colliers International

資料名

U.S. Office Market Report Q4 2023

公開日

January 2024

調査期間

Q4 2017 to Q4 2023

2017年~2023年 米国のオフィス空室率

2024-04-17 | 発行元 Statista Japan

全米のオフィス空室率は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックがきっかけで増加に転じました。2020年以前は四半期別のオフィス空室率が約12パーセント前後で推移していましたが、パンデミックの拡大とともに15パーセント以上に上昇しました。全米の空室率は、2023年第4四半期時点でおよそ16.9パーセントとなっています。一部の地域では、空室率が30パーセント以上に達しています。労働者の多くは、リモートワーク(在宅勤務)またはハイブリッド勤務に切り替わったため、オフィスの拡大やリースの延長には、多くの企業が慎重な姿勢を示しています。 

変貌する職場環境 

企業活動は、コロナ禍によって変化し、米国で働く多くの従業員にとって在宅勤務はニューノーマルとなりました。オフィスは、ただの仕事場ではなく、従業員が協働し、アイデア交換を行い、交流を深める場としての機能を備えるようになっています。こうした背景から、テナントの関心は、未来型オフィスを収容できる近代的な空間へと移りつつあります。パンデミック期間を活用してガイドラインを見直し、オフィスの改装や、一部または完全リニューアルを行った企業も少なくありません。テナントは物件の質を重要視するため、古くてデザイン性の低いまたはエネルギー効率の悪い物件に対する需要は低い場合が多く、市場は2分化されています。 

投資家にとっての空室率 

テナントがいない家主は、収入源が無いためローンを返済できません。2023年4月のデータによると、米国の一部の大都市圏では不良債権化したオフィス不動産の割合が極めて高水準となっています。ノースカロライナ州およびサウスカロライナ州のシャーロット・ガストニア・コンコード大都市圏では、商業不動産担保証券(CMBS)の3分の1がローンの延滞および/またはサービサー法の適用対象となっているのが現状です。とはいえ、オフィスは宿泊施設や小売店舗など、ほかの商業不動産の形態に比べて延滞率が低くなっています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)