廃棄物管理

2010年~2019年 世界における電子廃棄物(電子ごみ)の発生量(単位:100万トン)

出典

United Nations University

公開日

July 2020

調査期間

2010 to 2019

補注

Figures prior to 2014 are from previous reports

2010年~2019年 世界の電子ごみ排出量

2024-02-19 | 発行元 Statista Japan

2010年以降、電子ごみの廃棄量は世界中で増加し続けています。2019年には約5,360万トンに達したと見込まれており、わずか5年間で4,440万トン増えた計算になります。2019年に世界で廃棄された電子ごみのうち、回収・再利用されたのは、わずか17.4パーセントに留まりました。 

世界の電子廃棄物に関する詳しい情報 

昨今の技術進歩に伴う消費需要の拡大によって、ごみの総廃棄量に占める電子廃棄物の割合が増加しました。排出量の内訳をみると、2019年時点では小型家電(掃除機、電子レンジなど)が約1,740万トン、大型家電(洗濯機、乾燥機など)が約1,310万トン、熱交換器(エアコン、ヒートポンプなど)が約1,080万トンとなっています。 

2019年、電子ごみの発生量が最も多かった地域はアジアで、2,490万トンでした。同地域の電子・電気産業の成長率は、2020年から2022年まで世界最大であったと見込まれています。一方、2019年に米州と欧州で発生した電子ごみの量は、それぞれ約1,310万トンと約1,200万トンでした。とはいえ、1人当たりの電子ごみ排出量が最も多かったのは欧州で、1人当たり約16.2キロとなっています。次いでオセアニア地域が1人当たり16.1キロ、南北アメリカ地域が1人当たり13.3キロでした。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。

statista.comでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供している他、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)