ソフトウェア

2020年 世界のブロックチェーン市場における市場価値の分布 部門別

出典

International Data Corporation

公開日

September 2020

調査期間

September 2020

2020年 ブロックチェーンの市場価値の部門別シェア

2024-02-16 | 発行元 Statista Japan

2020年の世界のブロックチェーン市場における収益分布は銀行部門に大きく傾いており、市場シェアは30パーセント近くにのぼっています。一方で、プロセス製造部門は世界のブロックチェーン市場の11.4パーセントを占めています。ブロックチェーン技術に対する世界の支出額は、今後年々上昇し続けると考えられています。 

ブロックチェーン技術 

分散型台帳とも呼ばれるブロックチェーンは、簡単に言えば、仮想通貨(暗号資産)を取引する者同士の信用を保証する技術です。たとえば、ビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)などの仮想通貨の取引は、信頼性を担保するブロックチェーンがあるからこそ成立します。ブロックチェーンを利用すれば、不正行為が減少し、金融包摂が促進され、コストが削減できることから、結果的にクロスボーダー取引の簡素化にもつながります。クロスボーダー取引は、従来型の銀行業界に変革をもたらす可能性をもっているとされます。 

ブロックチェーンとビットコイン 

ブロックチェーン技術とは、データが記録された箱のような「ブロック」を「チェーン(鎖)」のように分散管理するデータベースのことで、ビットコインとは共生関係にあります。ブロックチェーン上には、ビットコインの取引記録が蓄積されており、時間の経過と取引回数の上昇とともに情報量が増えていきます。ビットコイン人気の高まりに伴い、ビットコインのブロックチェーンを拡大することの重要性が増しています。このことは、過去数年間でブロックチェーンウォレットの利用者が世界的に増加したことからも明らかです。ブロックチェーンにおけるウォレットとは、仮想通貨を取引するためのウォレットアドレスのことで、ウォレットアドレスは銀行口座でいう口座番号のように機能します。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。

statista.comでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供している他、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)