通信

2017年~2026年 全世界におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)テクノロジーおよびサービスに対する支出額(単位:兆米ドル)

出典

International Data Corporation; Statista

公開日

October 2022

調査期間

2017 to 2022

補注

* Forecast. The Statista estimate is based on values in 2026 and the compound annual growth rate from 2021 to 2026 of 16.4%, which were provided by the source. An exponential development of the market was assumed.

2017年~2026年 世界のDX向けテクノロジーおよびサービスに対する支出額

2024-05-21 | 発行元 Statista Japan

2023年、DX(デジタルトランスフォーメーション)に対する支出額は、全世界で2.15兆米ドルに達したと推定されています。DX向けテクノロジーおよびサービスに対する支出額は、2027年までに世界全体で3.9兆米ドルに到達する見通しです。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

DXとは、AI(人工知能)などのデジタル技術を用いて業務プロセスやサービスを変革することを指します。業務プロセスの自動化に加え、クラウドへのデータの移動やコミュニケーション/コラボレーションのためのデジタルツールの使用などが含まれます。

DX拡大の背景

DX拡大の背景には、いくつかの要因が存在します。まず1つ目は、新型コロナウイルスの世界的大流行です。コロナ禍の2020年には、世界の企業や組織でDXの普及が加速しました。多くの企業ではコロナ収束後もテレワークが継続されているばかりか、在宅勤務で働く従業員数は増えており、DX化の推進力となっています。2つ目は、顧客ニーズや競合他社に差をつける必要性です。DX技術を活用することで、企業は市場変化により柔軟かつ迅速に対応でき、イノベーションの創出基盤が強化され、レジリエンス(強靭性)が向上します。


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
Eコマース インターネット ソーシャルメディア テクノロジー・電気通信 デジタル・テクノロジー
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索


デジタル・テクノロジー

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)