温室効果ガス排出

1940年~2023年 世界の二酸化炭素(CO₂)年間排出量(単位:10億トン)

出典

Global Carbon Project; Expert(s) (Friedlingstein et al. (2023))

公開日

December 2023

調査期間

1940 to 2023

補注

Carbon dioxide emissions from the use of coal, oil and gas (combustion and industrial processes), the process of gas flaring, and the manufacture of cement. Original data have been converted from million metric tons of carbon to units of carbon dioxide by multiplying by 3.664. Figures have been compiled from multiple reports. The values have been rounded.

1940年~2023年 世界の二酸化炭素年間排出量

2024-03-21 | 発行元 Statista Japan

2022年、化石燃料と産業による世界の二酸化炭素(CO₂)排出量は、合計で約3,715億トンにのぼりました。2023年の排出量は1.1パーセント増え、史上最高水準となる3,755億トンに達すると予測されています。1990年以降、世界の二酸化炭素排出量は60パーセント以上増加しています。

世界最大の排出国 

中国は世界最大のCO₂排出国で、米国がそれに続いています。中国は、過去数十年間にわたる急速な経済成長と工業化により、排出量が急激に上昇しました。1990年以降、中国の二酸化炭素排出量は400パーセント以上増えています。一方で、米国のCO₂排出量は、2.6パーセント減少しています。とはいえ、米国のCO₂累積排出量は世界最多となっています。

排出量を減少させた出来事 

新型コロナ感染症の世界的大流行による都市封鎖(ロックダウン)などの政策により、2020年の世界の二酸化炭素排出量は5.5パーセント急落しました。しかし、世界規模の事件が温室効果ガスの排出量を減少させたのは、これが初めてではありません。たとえば、2009年の世界経済危機は、CO₂の排出量を約2パーセント減少させたとされ、1980年代初頭の景気後退も排出量に大きな影響を与えたとされます。パーセンテージで考えた場合、史上最大の二酸化炭素排出量の削減が確認されたのは1945年の第二次世界大戦終結時で、当時は温室効果ガスの排出量が17パーセント減少したとみられています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
経済・政治 気候変動 社会 社会・経済
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

社会に関するその他の統計
世界で最も収益を上げている企業
世界で最も話されている言語ランキング
世界で最も幸せな国ランキング
世界一お金持ちの女性ランキング
アフリカの富豪「ビリオネア」番付
世界で最も面積が大きい国ランキング
世界で最も危険な動物ランキング
世界で最もセックスの頻度が多い国
世界で最も米を消費量している国ランキング
世界で最も危険な都市 殺人発生率ランキング
世界最長ジェットコースターランキング
世界の出生率ランキングベスト20か国
世界の出生率ランキングワースト20か国
人口密度が最も高い世界の都市ランキング
世界で最も古い老舗企業
米国で最も権威あるコンサルティング企業
世界で最も価値のあるブランド
欧州で最も離婚率が高い国
ミシュラン星付きレストランが世界で最も多い都市
世界のファストフードレストランのブランド価値ランキングトップ10
アカデミー賞受賞回数が最も多い映画
映画「スター・ウォーズ」の制作費と世界興行収入の比較
世界のテーマパーク入場者数ランキング
米国の平均映画料金
世界のホテル・リゾート業界の市場規模
世界の国際観光客到着数
イタリア・ローマの人口
ゼネラル・エレクトリックの従業員数
実行犯の人種・民族別にみる米国で発生した銃乱射事件
妊産婦死亡率が高い国ランキング
新型コロナウイルス感染症の国・地域別累計感染者数
新型コロナウイルス感染症の国・地域別累計死亡者数
就職や結婚のために整形することに関する韓国での意識調査
トランスジェンダー、ジェンダーフルイド、ノンバイナリー、その他の性自認をもつ人の割合

社会・経済

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)