経済

2010年~2028年 米国の年間インフレ率の予測値

出典

International Monetary Fund

公開日

April 2023

調査期間

2010 to 2028

補注

* Projected.

2010年~2028年 米国の年次インフレ率の推定値

2024-01-22 | 発行元 Statista Japan

2022年、米国の年間インフレ率は8パーセントという記録的な数値となりましたが、2028年には2.1パーセントに低下すると見込まれています。このデータは、米国の都市部の平均値を基に算出されたもので、基準期間は1982年から1984年です。経済学においてインフレ率とは、物価(この場合は、消費者物価指数(CPI))の上昇度合いを表す指標で、一定期間中に価格がどの程度変動したかをパーセントで示します。インフレ率と通貨の購買力の低下率は、ほぼ同等です。2023年の米国のインフレ率は、4.5パーセントとなる見込みです。 

過去の米国の年間インフレ率はこちらから、米国の全都市消費者物価指数は、こちらをご覧ください。米国の月次インフレ率は、こちらでご参照いただけます。 

米国における物価の上昇 

インフレ(インフレーション)とは、ある一定期間で財・サービスの全体的な物価水準が上昇する状態を指す用語です。米国では、インフレの測定に消費者物価指数が用いられます。消費者物価指数は、マーケットバスケット方式(買い物かご方式)で、世帯が購入する消費財やサービスの価格を総合した物価の変動を測定するものです。 

この見通しは国際通貨基金(IMF)が発表したもので、米国のインフレ率は2023年を通して平均水準を上回るとみられていますが、2028年までには約2パーセント程度まで減速するとの見込みです。2021年のインフレ率を考慮すれば、2パーセントは適度な見通しといえるでしょう。 

2022年に米国や世界全体でインフレ率が急上昇した要因としては、経済成長にさまざまな制約をもたらした複数の要因が挙げられます。新型コロナウイルス感染症の世界的拡大やサプライチェーンのひっ迫、ロシアによるウクライナ侵攻、そしてパンデミックに関連する労働市場の変化などです。現代経済では、2~3パーセントのインフレ率の実現が好ましいとされますが、各国の中央銀行は物価の上昇を最低限に抑え、極度のインフレやデフレを回避しようと試みます。急激なインフレは、購買力を減少させてGDP(国内総生産)を低下させることから、一国の経済にとって危険であると考えられています。 


このページは、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。

statista.comでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供している他、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
経済・政治 気候変動 社会 社会・経済
シェア
統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

社会に関するその他の統計
世界で最も話されている言語ランキング
世界で最も幸せな国ランキング
世界一お金持ちの女性ランキング
アフリカの富豪「ビリオネア」番付
世界で最も面積が大きい国ランキング
世界で最も危険な動物ランキング
世界で最も米を消費量している国ランキング
世界で最も危険な都市 殺人発生率ランキング
世界の出生率ランキングベスト20か国
世界の出生率ランキングワースト20か国
人口密度が最も高い世界の都市ランキング
世界で最も古い老舗企業
世界で最も価値のあるブランド
欧州で最も離婚率が高い国
ミシュラン星付きレストランが世界で最も多い都市
世界のファストフードレストランのブランド価値ランキングトップ10
アカデミー賞受賞回数が最も多い映画
映画「スター・ウォーズ」の制作費と世界興行収入の比較
世界のテーマパーク入場者数ランキング
米国の平均映画料金
世界のホテル・リゾート業界の市場規模
世界の国際観光客到着数
イタリア・ローマの人口
ゼネラル・エレクトリックの従業員数
実行犯の人種・民族別にみる米国で発生した銃乱射事件
妊産婦死亡率が高い国ランキング
就職や結婚のために整形することに関する韓国での意識調査
トランスジェンダー、ジェンダーフルイド、ノンバイナリー、その他の性自認をもつ人の割合

社会・経済

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)