社会・経済

回復の兆しは?米国の建設産業が抱える課題と見通し

2024年1月26日 | 発行元 Statista Japan
高層ビルが立ち並ぶ米国のビジネス街の風景。
R.M. Nunes via Getty Images
  • 2024年1月、米国の非住宅部門の建設費用を測定する「ターナー建築費指数(Turner Building Cost Index)」が、2023年第4四半期に前期比で1.01パーセント、前年同月比で4.73パーセント上昇したと発表されました。
  • 米国の国民1人当たりのインフラ投資額は、ほかのOECD加盟国と比較すると低い水準となっています。

米国の建設業界の市場規模は、2022年に約1.8兆米ドルに達しました。しかし、今後数年は規模が縮小すると予想されています。住宅部門、非住宅部門、構築物(人間が滞在・居住する目的以外のために設計された構造物)部門を含む米国の新規建築着工総額は、2026年以降に再び増加に転じる見込みです。米国の民間部門の建設支出は、過去10年間にわたって公共部門よりも大きく変動してきました。また、米国の大手建設会社50社のうち5社は、2022年の収益が100億米ドルを超えています。

建設業界が抱える課題

インフレが米国経済および産業の大半に影響を及ぼしたため、2022年には非住宅部門の建設費用が大きく値上がりしました。コンクリートなどの建設資材価格の高騰は、2023年に入ってもある程度継続しました。物価の上昇に加え、2021年以降は労働者不足も深刻化しています。建設支出が回復したにもかかわらず、建設業界で働く従業員数がパンデミック前の水準に達したのは、2022年初旬に入ってからでした。

2024年1月、米国の非住宅部門の建設コストを測定する「ターナー建築費指数(Turner Building Cost Index)」が、2023年第4四半期に前期比で1.01パーセント、前年同月比で4.73パーセント上昇したと発表されました。建設費高騰の要因としては、マクロ経済環境や高金利、熟練労働者の人材不足が挙げられています。

米国の建設業界の見通し

バイデン政権が2021年11月に成立させた1.2兆米ドル規模のインフラ投資雇用法(IIJA)は、インフラ設備への支出増加と建設業界の促進につながることが期待されています。米国の国民1人当たりのインフラ投資額は、2021年時点では、ほかのOECD加盟国と比較すると低い水準となっています。ここでいうインフラ投資には、高速道路の建設から電気自動車の充電スタンドまで、公共インフラへのあらゆる支出が含まれます。なお2022年5月時点では、IIJAの予算の大半を占めたのは、道路・橋梁といった老朽化したインフラへの投資や大規模プロジェクトへの支出でした。


Statistaは、記載された情報の完全性および正確性に関して一切の責任を負いません。このページに掲載されているのは一般的な情報であり、statista.comのコンテンツを翻訳し、作成したものです。和訳版と原文(英語)に差異が発生した場合には、原文が優先します。更新頻度が異なるため、本ページで紹介したデータよりも新しいデータがstatista.com上に表示される場合があります。

statista.comでは、2万2,500以上の情報ソースに基づいた100万件以上の統計データを提供しているほか、スマート検索など、様々な機能をご利用いただけます。データの二次利用権に関しては、FAQの該当項目をご覧ください。


タグ
社会・経済
シェア

統計情報

グローバルなデータベースで統計とインサイトを検索

社会に関するその他の統計
世界で最も話されている言語ランキング
世界で最も幸せな国ランキング
世界一お金持ちの女性ランキング
アフリカの富豪「ビリオネア」番付
世界で最も面積が大きい国ランキング
世界で最も危険な動物ランキング
世界で最も米を消費量している国ランキング
世界で最も危険な都市 殺人発生率ランキング
世界の出生率ランキングベスト20か国
世界の出生率ランキングワースト20か国
人口密度が最も高い世界の都市ランキング
世界で最も古い老舗企業
世界で最も価値のあるブランド
欧州で最も離婚率が高い国
ミシュラン星付きレストランが世界で最も多い都市
世界のファストフードレストランのブランド価値ランキングトップ10
アカデミー賞受賞回数が最も多い映画
映画「スター・ウォーズ」の制作費と世界興行収入の比較
世界のテーマパーク入場者数ランキング
米国の平均映画料金
世界のホテル・リゾート業界の市場規模
世界の国際観光客到着数
イタリア・ローマの人口
ゼネラル・エレクトリックの従業員数
実行犯の人種・民族別にみる米国で発生した銃乱射事件
妊産婦死亡率が高い国ランキング
就職や結婚のために整形することに関する韓国での意識調査
トランスジェンダー、ジェンダーフルイド、ノンバイナリー、その他の性自認をもつ人の割合

社会・経済

関連インサイト

無料トライアル

世界有数のデータプラットフォームを今すぐ無料でお試しください

詳しくはこちら
お問い合わせ

東京チームがあなたをサポートします

Statistaにご関心をいただき有難うございます。ライブデモのご要望、製品の内容、アカウントの種類や契約に関する詳細など、どうぞお気軽にお問い合わせください。日本語と英語での対応が可能です。

  • お見積もり、資料請求、その他ビジネスに関するお問い合わせ:sales.japan@statista.com
  • ログイン関連、パスワードのリセット、請求書などに関する一般的なお問い合わせ:asia.support@statista.com

水野 希更

スタティスタ・ジャパン株式会社

sales.japan@statista.com

月〜金 10:00〜18:00(日本時間)